音圧戦争に必須のツール?!あなたの音源を査定してくれるプラグインListenHub Referencing Tools by Sonnoxが75%OFF!4/30まで

投稿日:2023年4月26日 更新日:

PR

ListenHub

視点リセットするプラグイン

あなたのミックスとお気に入りの曲をA/Bしてみましょう。どこが優れていて、どこを調整する必要があるかを聞くことができます。
異なるステレオチャンネルをソロにして、モノラルの互換性、ローエンドのフォーカス、ステレオフィールドの探索を確認できます。
周波数帯域を分離して新鮮な視点を得たり、キックとベースの関係などの見過ごされている細部に注目することもできます。
最もラウドなリファレンスが最も良い音だと思い込まないようにしましょう。すべての入力レベルを自動的に合わせることで、ラウドネス・バイアスを除去します。


再現性の高い結果

段階的なボリュームコントロールは、一貫したミキシングを決定するために、素早く再現可能なリスニングレベルを提供します。
シンプルなラウドネスとダイナミクスのメータリングにより、地に足の着いた作業が可能です。
スペクトラルメーターは周波数コンテンツを表示し、選択したリファレンストラックを反映したバランスの良いミックスを保証します。

ワークフローを強化する

ListenHubは、あなたの音楽を軌道に乗せるための簡単なメータリングツールを備えていてリファレンストラックを探したり、購入したり、ダウンロードしたりするのに時間を費やす必要がなくなります。

Spotify、Apple Music、YouTube、Tidal、または自分のローカル・ストレージからストリーミングすることができます。Sonarworks、Steven Slateなどの強力なルームコレクションやシミュレーションソフトウェアを、AUプラグインホスティングを利用して最大限に活用することができます。ListenHubのどの出力にもプラグインを適用し、選択した設定が自動的に適用されます。
Sonarworksのプロファイルをスピーカーやヘッドホンのセットごとに使い分けることができ、毎回プロファイルを読み込む必要がありません。
Slate VSXは、すべてのシステムオーディオに使用することができます。

特徴

・システムオーディオ、DAWに取り込んだファイル、インプロセスミックスなど、さまざまなソースを参照できる複数同時入力。
・モニタースピーカーやヘッドフォンなど、複数の出力を簡単に切り替えることが可能
・AUプラグインをどの出力にも、どのような設定でもホストすることができます。
・バンドソロとスペクトルアナライザーを組み合わせて、問題を特定したり、気に入ったミックスの特定の周波数帯域を参照することができます。
・チャンネルソロで、モノラルとの互換性やステレオ幅をチェック。
・正確で再現性の高いリスニングレベルを実現する、段階的なボリュームコントロール。
・マッチインプットラウドネスボタンは、リファレンストラック間のレベル差を自動的に補正します。
・ListenHubのオートミュートは、あなたの耳とスピーカーを守るために、大音量のバーストを瞬時にキャッチします。
・ListenHubは、あなたのミックスが潰れているのか、うるさいのか、競争しているのか、活気があるのか、教えてくれます。
・各ストリーミングサービスは、あなたのトラックにラウドネス正規化を適用するので、統合ラウドネスについて心配する必要はありません。

重要:このソフトウェアはApple(macOS)プラットフォームでのみ利用可能で、Windows(PC)システムでは機能しません。

通常合計11642円が2800円になっています。

購入はこちらから

 

関連記事