音楽リハーサルスタジオ定番のJC-120はすごい!チャンネルリンク・音・スペック

投稿日:

スタジオの定番JC-120

CHECK! ⇒⇒⇒

 


Roland Jazz Chorus JC-120G ギターアンプ ジャズコーラス JC-120

リハーサルスタジオに行った事がある人ならば誰もが上のアンプを見たことがあるのではないでしょうか。今回は音楽リハーサルスタジオに常設されている定番のアンプであるJC-120について解説していきます。

JC-120はJCのシリーズの中でも定番のスタジオ据え置きサイズで、抜群の音で数々のアーティストの支持を得てきました。

JC-120は日本を代表する電子機器メーカーRoland社の商品で国産として幅広いニーズに国内外応えている商品です。

愛称として【JC(ジェーシー)】や【ジャズコ】と呼ばれ、商品名のJCとはジャズコーラスの略の事を指します。

JC-120のスペック

定格出力 120W
規定入力レベル -30dBu(680kΩ)
スピーカー 30cm(12インチ)×2
コントロール POWER(電源)スイッチ

<CHANNEL-1>
BRI(Bright)スイッチ
VOLUMEつまみ
TREBLEつまみ
MIDDLEつまみ
BASSつまみ

<CHANNEL-2>
BRI(Bright)スイッチ
VOLUMEつまみ
TREBLEつまみ
MIDDLEつまみ
BASSつまみ
DISTORTIONつまみ
REVERBつまみ
SPEEDつまみ
DEPTHつまみ
VIB/CHORUSスイッチ
インジケーター POWER
接続端子 <CHANNEL-1、CHANNEL-2>
INPUT HIGH、LOW端子:標準タイプ

LINE OUT L/MONO、R端子:標準タイプ

<CH-2 EFFECT LOOP>
SEND端子:標準タイプ
RETURN L/MONO、R端子:標準タイプ
LOOPスイッチ SERIES/PARALLEL
LEVELスイッチ +4dBu/-20dBu

FOOT SWITCH(CHORUS VIBRATO、REVERB、DISTORTION)端子:標準タイプ
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 110W
付属品 取扱説明書
保証書
ローランド ユーザー登録カード
外形寸法  幅 (W)760 mm 奥行き (D)280 mm高さ (H)622 mm
質量 28 kg

公式HPより

JC-120の特徴

JC-120の特徴に関して記述します。

音色

JC-120はクリアートーンが特徴です。初心者でまだエフェクター等そろっていない人が使用すると歪まない為、あまり好まれない傾向がありますが、ディストーションとリバーブはついています。ディストーションはガンガンに歪むわけでは無くどちらかというとサチュレーターの様な感じで簡単な倍音付加という考え方で使用します。リバーブもショートリバーブとして使用する感じになります。ギター以外にもボーカルやキーボードも使用用途に含まれている為の仕様になりそうです。イメージとしては固いクリアな音色で、日本国内で1980年代の900ST文化の牽引と共に培われてきた音色といった印象です。付属のエコーは素晴らしく、唯一無二のRolandサウンドとなっています。

持ち運び

JC-120はボリュームやワットの規模から考えると非常にコンパクトで持ち運びする事に適しています。また、30キロ弱しかない為そのまま車で持ち運ぶことも出来て便利です。

耐久性

JC-120の耐久性はピカイチで、形状が四角いので横向きにしても縦向きでも安定して設置する事ができます。また非常に頑丈で環境変化に強く多くの人が出入りして使用するスタジオの悪環境下でも長い期間にわたって使用する事が出来ます。トランジスタアンプで耐久性が高い為JC-120を使用するとどこでも同じ音作りをすることが出来て、安定したパフォーマンスを発揮できることから支持を得ています。

チャンネルリンクとは

JC-120ではチェンネルリンクと呼ばれるチェンネルを接続して音を出す方法があります。左右に2チャンネル分かれているJC-120ですが、1チャンネルの入力(HIGHかLOW)と2チャンネルの入力(HIGHかLOW)同士を接続する事でチャンネル2つを1つのチャンネルとして使えるというものです。

チャンネルリンクをするメリットとしては、1チャンネルで使用できなかった2チャンネルの設定を使用できるようになるという事です。基本的には全てのノブを使いたい人がチャンネルリンクを行う様なイメージですが、音作りの幅は広がります。

 

関連記事

 



管理人の「パグ」です。

ギターを通して音楽と関連付けた情報を発信しています。日々変わる情報や流行を模索します。