ギター関連

ギターコード【F#m】の超簡単な押さえ方。バレーコードを使わないで弾ける裏技

投稿日:

F#mにテンションを付ける事で苦労していたF#mが直ぐに弾けるようになります。

簡単な押さえ方がこちら

押さえ方は以下の中で押さえやすいものから選べばOK

3弦→小指 4弦→薬指 5弦→中指

3弦→薬指 4弦→中指 5弦→人差し指

3弦→中指 4弦→人差し指 5弦→親指

表の見方が分からない人は下のリンクで説明しています。

※今回ご紹介する押さえ方ですが、コード(和音)を変えています。F#mをそのまま弾く訳ではないのでこの技が使える条件(ページ下部参照)は必ず目を通すようにお願いします。

F#mが難しい理由

なんと言ってもバレーコードでひっかかりますよね。一般的な押さえかたがこちら。

#ってなんだか難しそう
ぽち
ぽち
たま
たま
複数弦同時なんてぜったい無理だにゃ!

コードに付属する情報量が増える程に抑える前からコード自体がなんだか難しそうですよね。

マイナーのバレーコードはFの押さえ方でも難しかった人差し指の複数弦同時押しに更に負担をかけているのでFの難易度上位互換といっても過言ではありません。

簡単な押さえ方の正式な名前

この簡単なコードの呼び方は

F#m7(11)

エフシャープマイナーセブンスイレブンス

音の並びは以下のようになっています。

度数
1 E ♭Ⅶ
2 B 11th
3 A ♭Ⅲ
4 E ♭Ⅶ
5 A ♭Ⅲ
6 F#

1弦側から♭Ⅶ、11th、♭Ⅲ、♭Ⅶ、♭Ⅲ、Ⅰ、

ですので、ただの11thコードである事が分かります。

どうしてこんな簡単に出来るの?


簡単な理由

この簡単にしているコードですが、あくまでも≪多くの場合≫使用することが出来る事を念頭に置いておきましょう。

F#mをF#m7(11)に変化させることによって11thの音を付け足している訳ですが、ダイアトニックコードの中のマイナーコードⅡm,Ⅲm,Ⅵm,Ⅶm(♭5)に対してそれぞれの11thの音は付け足してもアヴォイドノートにはならない為、≪特定の条件以外のらゆるダイアトニックコードのマイナーコードには11thを付けることが出来る≫と考えておけば大丈夫です。

特定の条件ってどんなとき?

では特定の条件とはどんな時かと言いますと、11thの音がアヴォイドになってしまう時です。11thが原因で不協和音を発生してしまっているときには避けた方がいいと言えます。

こんなときには避ける

つまり2弦のBの音が曲の流れに合ってなかったり、メロディーに対してぶつかってしまっている場合は積極的に使用するのは避けたいところですね。

 

-ギター関連
-, , , , , , , , ,