速弾きに必須?!【シーケンス】って何?

投稿日:2019年11月6日 更新日:

シーケンスとは

英語で《sequence》。-連続した -連続性のあると言った意味で使用される。フィギュアスケートでもステップシーケンスというステップの連続性が評価される技がありますね。

シーケンスフレーズの呼び方と意味

連続性のあるフレーズの事をシーケンスフレーズと括る事があります。

呼び方については単弦上から3音ずつ抽出していく『3ノートパーストリングシーケンス』や『3ノートシーケンス』。4音ずつ抽出していく『3ノートパーストリングシーケンス』や『3ノートシーケンス』があります。

ほとんどの賢明な読者様にとっては呼び方に馴染みがあるかとは思いますが、カタカナが続くと頭が痛くなる一部の読者様の為に、『ノートパーストリング』とは、

ノート→音

パー→◯◯に対しての

ストリング→弦

要するに3ノートパーストリングシーケンスフレーズとは『1つの弦に対して3つずつ音を選んだフレーズですよ』って事です。

シーケンスフレーズ

では実際にシーケンスを見てみましょう。

3ノートシーケンス

前述した3ノートパーストリングを例にメジャースケールで書き出してみます。

今回はCメジャースケールで解説します。

上の図は1フレットから7フレットの間で1つの弦に対して3音ずつ選び出した表になっています。音はCメジャースケールのドレミファソラシドのみの構成です。

あとは引く手順をパターン化して各弦の音をなぞっていきます。

フレージングの例

4ノートシーケンス

次は4ノートパーストリングを書き出します。

同じ様にCメジャースケール内で1つの弦に対して4音ずつ選ぶので

3ノートパーストリングに比べて範囲が広くなりましたが1音増えているだけです。

こちらもフレージングは

等があります。

シーケンスの応用

1つの弦から3音ずつや4音ずつを抽出していくシーケンスフレーズですが、Cメジャー以外でも違うスケールに当てはめることも可能です。

下の図を参照ください。

Cのハーモニックマイナースケールになります。こういったスケールを3ノートパーストリングで抽出することでスケールをパターンでなぞるだけでフレーズ化することが可能です。

アドリブなどを弾く際や速弾きを弾く方にとっては大変有効な考え方ですので、この記事を参考までに是非ご自身で発展させてみてください。




-, , , , , , , ,

関連記事

【不良弦が混じってた?!弦購入時の落とし穴】

  弦を購入した後、 状態確認していますか? 実は弦の中には 【 不良弦 】 と呼ばれる粗悪品が混ざっている事があるのです。 この記事の目次どんな弦が不良弦なのか不良弦の見つけ方“ピッチが合わない”原 …

シールド【8の字巻き】誰でもすぐ出来る簡単なやり方【ギターケーブル】

この記事の目次8の字巻きの簡単な方法8の字巻きの手順一般的なやり方を紹介手順①普通に巻く手順②外側に回しながら巻く手順③二つを合わせて巻く初心者の人の為の簡単なやり方手順①ケーブルを準備する手順②輪っ …

ギター【ピッキングハーモニクス】のやり方【超簡単】

この記事の目次ピッキングハーモニクスのやり方英語でのピッキングハーモニクス①ハーモニクスの位置を把握②なるべく歪んだエレキギターで練習する③ピッキングの練習④フレーズを弾くピッキングハーモニクスはコツ …

ギター初心者でも分かる【スリーフィンガー】のやり方

この記事で分かること → スリーフィンガーの弾き方 この記事の目次ギター初心者でも分かるスリーフィンガーのやり方まずはスリーフィンガーを知ろうスリーフィンガーを練習してみようリズムを読むコードを押さえ …

5人の日本人【驚愕の超絶ソロギタリスト紹介】スラップ・スラム・超絶技巧

日本の超絶ソロギタリスト ソロギターリストとはギターをインストで弾くギタリスト達の事で、主にアコースティック系になります。アコースティック1本といっても侮るなかれ、その超絶技巧は鳥肌ものです。なんと海 …