一般音楽

リズム譜の簡単な読み方とコツ

投稿日:

この記事で分かる事 → リズムの読み方

リズム譜とは

スラッシュ型の符頭で音を指定せずにコードを弾くリズムのみを記した譜面の事を言い使用するのは以下の様な記号になります。

リズム譜の種類と読み方

符号 数え方 コツ
全音符 1,2,3,4 全音符は全部数える
二分音符 1,2 二分音符はワン・ツー
四分音符 ターン 間の延ばし棒が重要
八分音符 タン 四分音符の倍のスピード
十六分音符 タカ 「タ」と「カ」で二つ分

リズムの詳しい読み方



全音符は4拍分延ばすときに使う記号です。ダイアモンド型で他には何もついていない形なのはすべて全音符。ジャラーン♪と弾いた後に3つ付け足してあげれば弾くことが出来ます。

ジャラーン♪、ツー、スリー、フォー

といった具合です。




二分音符は二拍延ばすときに使う記号です。全音符の形にしっぽが一本ひっついている形になります。ジャラーン♪と弾いた後に1つ付け足してあげれば弾くことが出来ます。

ジャラーン♪、ツー、じゃらーん、フォー

といった具合です。



四分音符は一拍延ばすときに使う記号です。全音符の形にしっぽが一本ひっついている形が二分音符でしたがその二分音符の符頭の部分の空白がなくなった形です。ジャラーン♪をターンと見立ててあげれば弾くことが出来ます。

ターン、ターン、ターン、ターン

といった具合です。



八分音符は半拍延ばすときに使う記号です。全音符の形にしっぽが一本ひっついている形の符頭の部分の空白がなくなった形が四分音符でしたが、その四分音符のしっぽの部分に旗が一つ引っ付いた形です。ターンをタンタンと見立ててあげれば弾くことが出来ます。

タンタン、タンタン、タンタン、タンタン

といった具合です。



八分音符は半拍の更に半分だけ延ばすときに使う記号です。全音符の形にしっぽが一本ひっついている形の符頭の部分の空白がなくなった形のしっぽの部分に旗が一つ引っ付いた形が八分音符でしたが、更に旗がもう一つ付いたのが十六分音符です。タンタンをタカタカと見立ててあげれば弾くことが出来ます。

タカタカ、タカタカ、タカタカ、タカタカ

といった具合です。



リズム譜の実践・実用

リズムを攻略するためにはまず声に出して感覚をつかむのが手っ取り速いです。下のリズム譜を見てください。

1小節目ですが、これは十六分音符が二つ並んでいて八分音符につながり、四分音符と並んでいます。3拍目と4拍目は1,2拍目の繰り返しですので、

タカタン、ターン、タカタンターン

と読むわけです。2小節目は全音符ですので

1,2,3,4

3小節目は八分音符、八分音符、八分音符、十六分音符、十六分音符、四分音符、八分音符、八分音符ですので

タンタン、タンタカ、ターン、タンタン

最後の4小節目は3小節目の繰り返しですね。



リズム譜の練習問題

ある程度出来る気がしたら下のリズム譜を弾いてみましょう。

分からない箇所はページを上にスクロールして声に出してみてから弾いてみるのがコツです。



-一般音楽
-, , , , , , ,