必要な部分だけにハーモニック・コンテンツを導入できるSpectre Enhancer by Wavesfactoryが25%OFF!8/15まで

投稿日:

PR

Spectre

Spectreは、グラフィカルなパラメトリックEQとエンハンサーの最高の機能を組み合わせたサウンドシェーピングツールです。

Spectreは入力信号とEQ信号の差を処理し、クラシックなレコーディング・ハードウェアに基づいた様々なサチュレーション・アルゴリズムから、必要な部分だけにハーモニック・コンテンツを導入します。

Spectreは個々のトラック、サブミックス、ミックス全体に使用でき、マスタリングにも最適です。

マルチバンド・エンハンサー

Spectreは従来のEQのようには機能しません。Spectreは、オリジナル・レコーディングにはなかったハーモニック・コンテンツを導入し、従来のEQでは不可能だったサウンドに色彩と生命感をもたらします。オーディオ・スペクトラム全体にわたって、ほとんど幻のようなコンテンツを提供するこの能力が、Spectreという名前につながりました。

Spectreは、入力されたオーディオを5バンドのパラレルEQで処理します。この信号とドライ入力の差を抽出し、10種類のサチュレーション・アルゴリズムのいずれかを通して処理します。その後、ドライ入力とミックスし直します。その結果、より大きくウォームな低域、きらめく高域、パワフルな中域など、個性と色彩に満ちた信号が得られます。

また、ミッド/サイド・マトリックスにより、ハイエンドのステレオ・ワイドナーとしても機能します。

Spectreを使えば、簡単で使い慣れたEQワークフローでトラックのサウンドを作り上げることができます。

10種類のサチュレーション・アルゴリズム

Spectreは単純なエンハンサーよりも汎用性が高く、10種類のサチュレーション・アルゴリズムからバンドごとに異なるカラーを選択できます。温かみのあるバルブから過酷なデジタル・クリッパーまで、クリーミーなテープ・サチュレーションからチップ・ビット・クラッシャーまで。

・チューブ
・ウォーム・チューブ
・ソリッド
・テープ
・ダイオード
・クラスB
・ビット
・デジタル
・整流
・ハーフ整流
さらに便利なモードがあります: Cleanです。このモードは、差分信号を飽和させることなく、SpectreをパラレルEQに変換します。従来のEQプラグインが持つ荒々しさを取り除き、パラレル・プロセッサーの甘さをもたらします。

サウンドを格上げ

オプションの4倍と16倍のオーバーサンプリングモードは、アグレッシブな設定でもエイリアシングのない、原音に忠実な音質を提供します。

微妙、ミディアム、アグレッシブの3つのサチュレーション・モードで、トラックを素早くウォームアップできます。入力と出力のボリューム・パラメーターでハーモニクスの量を調整し、より正確なゲイン・コントロールが可能です。

ディエンファシス・モードは、歪み状態の後にEQブーストを補正します。実際には、ディストーションのスタイルやドライブの強さに応じて、EQのブースト効果が減少するか、完全に除去されることになります。既存のコンテンツのレベルを変えることなく、スペクトルの一部にハーモニクスを追加できます。

Spectreはバンドごとに処理できます:

・モノおよびステレオ信号
・左または右チャンネルのみ
・ミッド/サイドチャンネルのみ
Spectreは究極のエンハンサーです。

通常合計15783円が11798円になっています。

購入はこちらから

 

関連記事