サンプルレート44.1Khzって何?48Khzとの違い。どっちがいい?YOUTUBEはどのくらい?

投稿日:

サンプルレートって何?

たま
たま
サンプルレートってなんだろうにゃ


サンプルレートとはHzで表される録音業界の用語で、主に音をどれほど詳細に書き出すかを決める値になります。標準的に再生で使われているサンプルレートは44.1Khzで更に高音質と呼ばれるものは48kHzや96kHzやそれ以上で録音され書き出されています。

Khzとは1秒間あたりの振動数を表していて音の高さになります。つまり44.1Khzの場合は1秒間あたり441000回までの振動を再生していることになります。

youtube等は基本的に44.1khzでの動画のアップロードを推奨していて、それ以上のサンプルレートは非推奨になっております。再生音質も視聴者の選ぶ画質によって変化し、これは画質に比例して音質も高くなるそうです。

高いサンプルレートは必要ない

高いサンプルレートとは私たちが聴こえる周波数を原音に忠実に再現するのに必要です。私たちの周りには低音は0~50hzや40khz以上の高音やそれ以上の超音波に溢れています。実は人に聴こえている可聴領域は20khzまでと言われていてそれ以上は認識する事が出来ないと言われています。

 

じゃぁ20khzまででいいんじゃないの?
ぽち
ぽち

実は理論上その通りではあるのですが、再生側でしっかりと録音されたものがそのまま再生されるかと言いますとまた難しい話になります。44.1Khzや48Khzは収音の規格としてDAWなどに搭載されていますので、特に何も気にせずに使っている人が多いのも事実です

 

POINT

人が聴こえる限界は20khzあたり

 

実は、人が聴こえる限界の20Khzをまでをしっかりと再生させるためにはその倍の周波数が必要だと言われています。つまり20khzをしっかりと再現する為には40khz以上は必要らしいのです。

理想のサンプルレート

最後に理想のサンプルレートとは何かを考察してみます。これはいくつかの場合分けで考えなければなりませんが、大きな要素として作る側の届けようと思っている音質と聴く手が受け取る音質に大きな差があり、これをどの程度許容できるかの謂わば妥協点をどこに設定するかによります。

一番流通している出力規格を狙ったサンプルレート

ミックスエンジニアやマスターリングエンジニアの人は様々な出力媒体を想定して音源を制作します。一つの物から偏った音質になってしまうのを防ぐ為にそしてエラーチェックなどを含みます。えApple社のair podsを使用している人は多く見かけますが、こういった有名メーカーはもちろん時代とともに音質にも傾向があります。

高音質用と普通音質用などいくつか種類がある

れお
れお
プロ仕様!!!


CDやYoutubeやApple MusicやSpotifyなどでは音質がバラバラだったりします。ハイレゾと括られる高音質はそういったものとは別で購入したりサブスクする事が出来ます。一方でこういったものはいわばマニア仕様みたいなものであり高音質スピーカーや大音量で音が聴けるような施設を持っている人向けだと言えます。

-, , , ,

 

関連記事

 



管理人の「パグ」です。

ギターを通して音楽と関連付けた情報を発信しています。日々変わる情報や流行を模索します。