ピーク・レベルに関係なく、トランジェントのボリューム・エンベロープを一貫して彫刻SPL Transient Designer Plus by Brainworxが84%OFF!1/15まで

投稿日:

PR

SPL Transient Designer Plus

スレッショルドに依存しないダイナミクス処理

コンプレッサーはスレッショルド依存のデバイスであり、信号がコンプレッサーのスレッショルド・レベルを突破した時のみレベルを下げることを意味します。残念ながら、ジャズドラマーのダイナミックなスネア録音のピークをすべて取り除きたい場合、コンプレッサーは静かなトランジェントよりもラウドなトランジェントにより多くのゲインリダクションを適用することになります。しかし、SPLのディファレンシャル・エンベロープ・テクノロジーのおかげで、ピーク・レベルに関係なく、トランジェントのボリューム・エンベロープを一貫して彫刻することができます。

わずか2つのノブで幅広いコントロール

コンプレッサーのスレッショルドやホールド・タイム、その他様々な設定をダイヤル操作で行う代わりに、SPL Transient Designer PlusのAttackとSustainノブに集中すれば良いのです。Attackノブはトランジェントの初期部分を増幅または減衰させ、Sustainノブはトランジェントのテールエンドを増幅または減衰させます。また、信号の一部が処理されないようにリジェクトするサイドチェイン・フィルターもあり、キック・ドラムのようなドラム・バスの特定のコンポーネントをターゲットにできます。

ドラムのミキシングがかつてないほど簡単に

トラップドラムをより強く叩き、鳴り響くスネアドラムを抑え、シンバルのタムマイクへの過剰なブリードを減らし、高鳴るギターソロのサスティーンを増加させます。パラレル・ミックス・ノブを使えば、トランジェントを強調する処理をパラレルに適用し、オリジナル信号をブレンドできます。また、SPL Transient Designer Plusはレイテンシー・フリーで、デジタル・クリッピングを低減するソフト・クリップ・リミッターも内蔵しています。制作する音楽のジャンルを問わず、このプラグインはミキシング・ワークフローの効率化に役立ちます。

特徴

・SPLのディファレンシャル・エンベロープ・テクノロジー。
・アタックとサステインを別々にコントロール。
・ステレオ・トラックのチャンネルを個別に処理
・デジタルクリッピングを防ぐソフトクリップリミッター
・パラレル・プロセッシング機能
・内部および外部サイドチェイン


通常合計31000円が4800円になっています。

セール購入はこちらから

※外貨レートの為価格が多少上下する事があります。

 

関連記事