【かみて】と【しもて】ってどっち?どこ?ステージ上の立ち位置【バンド】

投稿日:2020年4月13日 更新日:

この記事では「かみて」と「しもて」について解説しています。「じょうず」と「へた」と紛らわしさを回避する為にあえてひらがなで書かせていただいていますのでご了承ください。

【かみて】と【しもて】ってどっち?

客席側からステージを見て右がかみてで左がしもてです。

ドラマーでしたら客席側を見たときに右にしもてで左にかみてです。

バンドのみならずオーケストラやソロでもステージはしもてかみてに分けられています。

「左」と「右」と区別する理由

何故わざわざしもて・かみてと分かりづらい呼び方をするのでしょうか。右と左でいいと思った方もいると思います。これはステージから客席側を見たときの左右と客席側からステージを見たときの左右が逆になってしまう為です。ライブ会場には様々なスタッフの方がいます。照明さんやPAの人や演者関係者等、ステージに立つ人とリハーサルや準備などで意思疎通をする為にはしもて・かみてを明確にするのは重要です。

上手(かみて)と下手(しもて)ってどういう意味?

上手(かみて)と下手(しもて)の語源は様々な説があり明確化はされていない様です。基本的にはどの説も元々はかみて側がお偉い様、しもて側が身分が低い人側を指して分けていた様です。現代では、特にどちらが偉いからどちら側に立つとかは特に関係なくなっています。また、じょうずだからかみてへただからしもてという意味もないです。

ギタリストは「しもて?」「かみて?」

バンドでステージに立った時にギタリストはしもてかみてのどちら側に立つ決まりはありませんが傾向としてはかみてにいる事が多いです。

ギタリストがかみてにいる理由は

・アンプ等のセッティングがかみて側にあるから
・PAの人がかみて側で慣れてしまっているから
・ドラム機材の音響配置的な理由

ツインギターや3ピースバンドに限っては全然配置が違いますし、あくまでも傾向があるだけで決まりはありません。

「しもて」「かみて」が使われる場面

実際にどういった場合に使われるかについて解説します。

・入退場の向きを指定するとき
・各パートの立ち位置た動き確認
・ギタリストが2人いて区別をするとき

ライブ会場などでは音響の人やスタッフが打ち合わせするときには必須の用語です。

-,

関連記事

【付点の読み方】譜面が苦手な人でも簡単に分かるコツ【音符】

リズム譜が読めない人はまずは下記のリンクから16分音符までの読み方をマスターして下さい。参考:リズム譜の簡単な読み方とコツ この記事の目次付点の読み方実際の楽譜での付点付点がややこしく感じる人はコレ更 …

シャッフルって何?パターンや種類【ハネる/スウィング】

この記事の目次シャッフルって何?シャッフルはきっかり三連符でなくてもいいシャッフルの呼称スウィングとシャッフルの違いは?ブルースでのシャッフルジャズでのスウィング更に細かいシャッフル【ハーフタイムシャ …

【飛行機での持ち運びはハードケースじゃないとダメ?】

飛行機に乗るとき、   特に楽器を運ぶときってかなり不安ですよね・・   「ネックが折れた」 とか 「ボディーに日々が入ってた」 なんて話もちらほら聞いたり。。 そんなこんなで筆者が飛行機に乗って 楽 …

【♭キーの調号】簡単な覚え方【3分で覚える♭の数】

この記事の目次♭の数の簡単な覚え方計算式の一覧♭キー以外の調号は覚えておく通常キーの♯の数♭キーのフラットの数どの音が♭するかすぐ分かる方法 ♭の数の簡単な覚え方 メジャーキーは覚えたけど♭系の覚え方 …

【絶対音感と言語力・記憶力】

この記事の目次絶対音感と記憶力有名奏者の超記憶例音楽教育と語学習得絶対音感と左側頭平面 絶対音感と記憶力 絶対音感を身につけた人そうでない人とでは、記憶能力に差が出る事が分かっている様です。 言語野や …