グッズ紹介

【ソフトケースおすすめ!IGIGギターケース紹介】

投稿日:2019年7月7日 更新日:

ギターケースの種類についてはこちらで紹介しましたが、

 

ケース選びは頭抱えますよね

筆者自身様々なケースを使用してみて

 

最終的に

エレキギター

アコースティックギター

IGIGで落ち着き、使用し始めてから

 

5年程だったので.

改めて分かった事や感じた事などを

 

エレキギターケースを中心に

レビューしてみようと思います。

商品はこちら

 エレキギター用IGIGケースBlack

G300シリーズは、優れたデザインと軽さ、さまざまな機能性を備えた最高性能のソフトケースです。「iGiG Slim」というコンセプトのもと、iGiGケース最大の特長である安全性と機能性はそのままに、まったく新しい軽量かつコンパクトなケースが誕生しました。ケース本体の軽量化により、持ち運ぶユーザーの負担を大幅に軽減。また、全面にHiddenポケットを採用することで、これまでのiGiGのケースにはなかった「Simple&Slim」なフォルムを実現しました。G310は「レインカバー」を標準装備。

 

ケースの底には
しっかりとした緩衝剤
 
がついていて
ちょっとした高さからなら落としても
 
大丈夫な作りになっています
(落とし方にもよるので自己責任でお願いします)
 
ちなみに筆者が以前使用していた
Taylorのソフトケースは
 
50cm程の高さから落としたら
ギターのボディにヒビが入ってしまいました^^;
 
 

サイズ

エレキギターのサイズは

変形ギターでなければ余裕がある程度です。

重さ 2.5kg
内寸 107cm

内寸が107cmもあるので

基本的にはほとんどのギターに対応しています。

 

重さは2.5kg

ソフトケースで2.5kgは割と重さを感じますね。

 

しかし、ハードケースの重さに比べると

かなり軽いですし

 

この位生地や緩衝材を使用していないと

かなりペラペラになってしまい

 

本体への保護力の面での不安要素が

大きくなってしまう為

 

軽さのギリギリのラインと言っても

過言ではないくらいの重さです。

 

なんといっても収納面では

幅をとらないため

 

ハードケースのそれと比べても

収まりがとてもいい。

 

収納 

 
収納においてはA4サイズが入るか入らないか
ギリギリのケースが多い中
 
収納領域 100㎝×40㎝
特徴 内ポケットにA4サイズ収納可能
 
表面全てが収納可能な領域になっています。
100cm×40cm
 
巨大なポケットがついているイメージです。
 更に中にはA4サイズ
 
マジックテープ固定の内ポケットと
小物を収納出来るジッパー付き
 
ポケットが付いていて
 パソコンや楽譜もすっぽり入るサイズ
 
小物用ポケットにはチューナーやピック等
筆者はこのポケットにウクレレを収納したり
 
そのままエフェクター等を入れて持ち歩いています。
 収納が多くなる事で重量も増えてしまいますが、
 
手を空けられるので
バイクや自転車ものれますし
 
 楽屋等で荷物の分散を防ぐ事が出来ます。
 
 

さらに特徴

 
IGIGのの一つの特徴として
底に更にもう一つ小さな収納が付いていて
 
そこに付属の雨よけの
ケース用の合羽が入っています。
 
 
この合羽の使用感は正直微妙ですが、
 防水スプレー等をケースに直接かけたくない方
 
外側だけ洗いたい方にはおすすめです。
台風の時期が続いていて
突発的な雨に降られた時に
苦肉の策で使用しましたが
傘はさしていませんでしたが
覆っていた個所はほとんど水を通さずに
かなり役に立ってくれました。
評価を訂正致します。(2019.9)
 
 またケース自体で自立するので
 
ギター本体への負担はほとんどなく
収納する事が可能
 
またエレキギターケースに関しては
 
ヘッド部分にフックが収納されていて
クローゼット等にかける事が可能
 
 

デメリット・弱点

 
ソフトケース全般的にそうなのですが、
ペグに巻いている弦ががケースにひっかかって
 
布が破けてしまう
という弱点があります。
 
ただ、ガムテープ等を部分的に張っておけば問題ない。
 
 

こちらはアコギ用のケース
 

アコースティックギター用IGIGケースBlack

シンプルかつ高機能なアコースティックモデルG530は、G500シリーズから生まれた、iGiG初のアコースティックギターケースです。多くのユーザーからご要望をいただき開発を進めた結果、シンプルな外観と高い機能性を併せ持ったアコースティックギターケースが誕生しました。ギターをそのまま包み込んだような、すっきりとした美しいフォルム外観とは別に、内部にはラップトップコンピュータ用のポケットをはじめとした、さまざまなユーティリティポケットを装備。また、iGIGの代名詞となったギックピローや、レインカバーも標準で装備しています。

 

 エレキギターとほとんど変わりませんが

ギターのフォルムに合わせているので

収納が少し少ないイメージ

しかしA4サイズポケット、小物入れは健在で

大体のものなら困らない。

エフェクターも数個は収納できる

IGIG大変おススメです

 

よかったら一ついかがでしょう。

 

 

-グッズ紹介
-, , , , , , , , , , , , ,