新業界標準!優れたダイナミック処理とヴィンテージ・モデルを搭載した究極のEQプラグインKirchhoff-EQ by three-body techが33%OFF!3/20まで

投稿日:

PR

Kirchhoff-EQ

究極のEQプラグイン

Kirchhoff-EQは、あらゆる重要なプロフェッショナル・アプリケーションのために作られた究極の32バンド・パラメトリックEQプラグインです。洗練された音質、アナログにマッチしたカーブ、連続可変シェイプの15種類のフィルタータイプ、実機からモデリングされた32種類のビンテージEQタイプを搭載しています。内蔵のダイナミック・プロセッシング機能は非常に柔軟で、歪みが非常に少ない。これら全てがKirchhoff-EQを次世代のスタンダードへと押し上げます。

ロバスト・ナイキスト・マッチド変換

Kirchhoff-EQは独自に開発した "ロバスト・ナイキスト・マッチド変換 "により、通常のIIR(無限インパルス応答)イコライザーのように高域が窮屈になることなく、デジタル領域の周波数特性をアナログ領域の周波数特性に近づけました。このテクニックはKirchhoff-EQの全てのフィルタータイプに適用されています。

高精度処理

64ビットは必須であり、交渉の余地はありません。Kirchhoff-EQの内部処理は、ホストDAWの現在の作業精度に関係なく、常に64ビット(または117ビット)で行われます。

音響心理適応フィルタのトポロジー

すべてのリニアフィルター構造は、紙の上では同じ音になるはずです。しかし、実際のアプリケーションでは、丸め誤差によって、どのフィルター構造も異なるサウンドになります:あるものは低域が良く、あるものは高域が良くなります。

Kirchhoff-EQでは、"音響心理適応型フィルタートポロジー "と呼ばれる技術を導入しています。フィルター構造は、対応する帯域周波数の変化とともに「最適な」状態に変化し、低域と高域の両方で最適化された音質を実現します。

切り替え可能な超高速117ビット処理

すでに64ビットがあるのだから、さらに上を目指しませんか?Kirchhoff-EQは "Double-Double "と呼ばれる技術を使って、内部処理の精度を117ビットにまで高めました!このような精度を持つイコライザーは世界初です。64ビットと117ビットをいつでも切り替えることができます。最も要求の厳しい耳を満足させます。

* リニアフェーズモードは、FIR(有限インパルス応答)フィルターであるため、常に64ビットを使用し、117ビットをサポートしていません。

フィルターの種類


15種類のユニークなフィルター・タイプ

ローパス、ハイパス、バンドパス:0 dB/octから96 dB/octまで連続可変

ベル、ノッチ:12 dB/octから96 dB/octまで連続可変;
ローシェルフ、ハイシェルフ、チルトシェルフ:6 dB/octから96 dB/octまで連続可変;
フラット・ティルト、フラット・トップ
ソード:ベルよりも傾斜が鋭く、特にレゾナンスを「掘り出す」ように設計されている。
ブリックウォール・ローパス、ブリックウォール・ハイパス、オールパス・ロー、オールパス・ハイ。

32種類のフィルター!

ヴィンテージとモダンを同時に手に入れよう!9つのビンテージEQハードウェアをモデリングし、合計32のEQタイプをKirchhoff-EQに実装しました。

ロバスト・ナイキスト・マッチド・トランスフォームの恩恵により、全てのEQタイプはオリジナルのハードウェアに正確にマッチし、ナイキスト周波数付近で窮屈になることはありません。

さらに、オリジナルのハードウェアではいくつかの周波数ポジションからしか選択できませんが、私たちはDSPモデルを変更し、これらすべてのタイプで調整可能な周波数ポイントを作りました!

これらのモデルのすべてのタイプは、通常のEQタイプや他のモデル化されたタイプと一緒に使用することができ、ダイナミック・ファンクションを適用することができます(ローパス・タイプとハイパス・タイプを除く)。これにより、より自由で便利な操作が可能になります。

ゼロレイテンシー/アナログ/リニア/混合位相モード

Kirchhoff-EQの位相モードは、ゼロレイテンシーモード、アナログモード、リニアフェーズモード、ミックスフェーズモードに切り替え可能で、あらゆる位相関係のニーズに対応します。

* 現在どのフェーズ・モードであっても、ダイナミック・ファンクションがフィルター帯域でオンになっていれば、最小フェーズ・モードで動作します(他の帯域には影響しません)。

混合位相モード

ゼロレイテンシーモードとリニアフェイズモードでは、サウンドが大きく異なります。Kirchhoff-EQは、帯域の周波数ポイントが低いときはゼロレイテンシーを使用し、高いときはリニアフェイズを使用する混合モードを提供します。各帯域の周波数によって、最小位相モードと直線位相モードをスムーズに切り替えることができます。

柔軟なダイナミックEQ機能

Kirchhoff-EQのダイナミック機能は、単なるボーナスではなく、これまでにない豊富な機能を提供します。ダイナミックEQ機能の無限の可能性を実現します。すべてのフィルタータイプ(ローパス/ハイパス、バンドパス、ノッチを除く)は、これらのビンテージ・モデルのものであっても、ダイナミック・ファンクションで適用することができます。


ハーモニックシフトエンベロープ

すべてのダイナミックEQには奇数倍音と非整数倍音があり、これは物理法則です。先進のDSP技術を駆使したKirchhoff-EQは、奇数倍音のほとんどのエネルギーを偶数倍音に「シフト」し、超低ノイズフロアと強化されたサウンドを作り出します。これで、音を壊す心配をすることなく、ダイナミック・ファンクションを自由に使うことができます。


双方向スレッショルド

スレッショルド以上/未満の信号部分に対するダイナミクスの反応を同時にコントロールできるようになりました。Kirchhoff-EQでは、"Above "ステージはコンプレッサーまたはアップワード・エクスパンダーとして機能し、"Below "ステージはエクスパンダーまたはアップワード・コンプレッサーとして機能します。例えば、スレッショルドより下の信号を上げると同時に、スレッショルドより上の信号を圧縮し、帯域を「安定」させることができます。

検出/相対エンベロープ検出

1khz付近の音が9dBになっているオーディオクリップを再生している、という単純なケースを想像してみよう。1khzの音域はオーバーパワーだから、1khzで下げるべきだ "と思うかもしれません。しかし、全体のレベルも考えるべきです。オーディオ全体が30dBであれば、1khzが大きすぎるとは感じないでしょう。ある帯域の音量が大きいか小さいかを判断するには、絶対的なdB値だけでなく、全体の音量エンベロープにおける相対的な割合がより良い基準となります。

そこでKirchhoff-EQでは "Detect/Relative Envelope Detection "を導入しました。ダイナミクスは、現在の周波数帯域と「相対」帯域に対する相対的な部分の両方から影響を受けます。相対エンベロープ検出のダイナミクスへの寄与も調整可能で、0%に設定すると通常のダイナミックEQとして劣化し、100%に設定するとダイナミクスの量は完全に相対部分から計算されます。

デフォルトでは "detect "帯域は帯域の周波数とQに応じて設定され、"Relative "帯域はデフォルトではオーディオ・エンベロープ全体となる。しかし、これらは自由に設定できます。

検出帯域と相対帯域は、周波数ポイントとQ値を自由に調整できます。また、"S.C. "モードを有効にすると、サイドチェイン信号で "Detect "または "Relative "を使用できます。

オンセット検出ミックス

オンセット "ミックスをオンにすると、エンベロープ・ディテクターはエンベロープ内部のトランジェントにより特別に反応します。そのため、トランジェントのトーンを微調整できます。エンベロープ・ディテクターとオンセット・ディテクターを "ミックス "することもできます。例えば、高周波を少し圧縮する一方で、高周波の急激な増加をより積極的に圧縮することができます。

スイッチ可能な2倍オーバーサンプリング

Kirchhoff-EQは2倍オーバーサンプリングを内蔵しており、オン/オフを自由に切り替えることができます。

バンドごとのディレクショナルEQ

各バンドはミッド/サイド、レフト/ライトの処理が可能です。バンドを左右にパンしたり、ミッド/サイドを調整したり、左右、ミッド、サイドを別々に調整することができます。

グローバル・レフト/ライト/ミッド/サイド・モニタリング

4つの独立したボタンが追加され、左/右/ミッド/サイドのモニタリングをよりスムーズに切り替えることができます。

ルックヘッド

ルックアヘッドはEQプラグインに必ずある機能ではありません。しかし、Kirchhoff-EQの様々なダイナミック機能には必要と考えられています。

グローバルステレオ幅コントロール

グローバル出力ゲイン、パンに加え、2種類のステレオ幅コントロールが実装されています。MidとSideの比率を調整したり、Sideチャンネルを個別にゲインすることができます。

バンドリスト

各バンドの基本パラメーターを確認、調整するための操作リストです。項目をドラッグして並び替えたり、1クリックで周波数順に並べ替えることができます。

究極のCPU最適化

手書きのアセンブリコードコマンドにより、Kirchhoff-EQは超低CPUワークロードを実現しています。何百ものインスタンスを使用しても心配ありません!

低クリックノイズ

パラメータ変更、タイプ切り替え、バイパスのオン/オフ、ソロリスニングモードへの移行/離脱を行う際のクリックノイズを低減するよう最善を尽くしました。

GPUアクセラレーションGUI

操作のスムーズさ、UIの開閉スピード、操作レイテンシーにこだわりました。より優れた描画効率を実現するため、Kirchhoff-EQのGUIはOpenGLで描画されています。

その他の機能

・ピアノロール表示
・カスタマイズ可能なノブスピード
・お気に入りのフィルタータイプ
・アップルシリコンネイティブサポート
・ソロ・モード
・位相反転
・自動ゲイン補正
・ゲインスケール
・スペクトラム中心周波数の調整
・リサイズ可能なインターフェース
・フルスクリーンモード
・MacOS RetinaおよびWindows高DPI対応
・ユーザー定義のデフォルト設定
・プリEQ/ポストEQ/両スペクトル
・マルチバンド選択
・複数の表示範囲: 3dB、6dB、12dB、18dB、30dB
・出力レベルメーター
・プリセット・セレクター
・ミキシングとマスタリングのための40以上のプリセット
・Undo/RedoとA/B切り替え
・VST2、VST3、Audio Unit、AAXネイティブ(64ビット)

レイテンシー

最小-フェーズ 0.
アナログ位相: 63サンプルポイント、約1.4ms(44100Hzサンプルレート)。
ミックス・フェーズ 63~2047サンプル・ポイント、バンド周波数ポイントに依存。
リニア位相: 2047、4095、8191、16383、32767サンプル・ポイント。


通常合計24700円が16600円になっています。

セール購入はこちらから

※外貨レートの為価格が多少上下する事があります。

 

関連記事