伝説的な1960年代のPhilips* Philicordaオルガンを忠実にエミュレートPhilicorda by AudioThingPhilicordaが50%OFF!4/7まで

投稿日:

PR

Philicorda

ビンテージ・トランジスタ・オルガン

このプラグインは、後期のGM751モデルのトランジスタ・ベースのサウンドを再現し、Philicordaをクラシックにした独特の暖かくもクリアなトーンを提供します。

オリジナルのハードウェアと同様に、Philicordaにはビブラート回路、スプリングリバーブ、2つのスピーカーが搭載されています。さらにAudioThingは、オーバードライブ、エンベロープ・ジェネレーター、リーケージ、バイアス、キー・クリックといった追加機能も搭載している。

1960年代に発表されたPhilicordaオルガンは、Philipsが製造した最初の楽器です。エミュレートされたモデル、GM751は何度か改良された。初期のバージョンは真空管プリアンプを搭載し、後期のものはオールトランジスタでした。このエミュレーションはオールトランジスタモデルに基づいています。

トップ・オクターブ・ジェネレーター

Philicordaはトップ・オクターブ・シンセサイザー回路を採用しており、アッパー・オクターブ音用に12個のオシレーターを搭載し、「オクターブ・デバイダー」回路がロー・オクターブを生成します。この技術により、異なるオクターブ上の同じ音が同期し、サンプル・ベースの楽器にありがちなフェイジングの問題が発生しません。各オシレーターは、異なるオクターブと音量の複数のオーバードライブサイン波(ほぼ正方形)を重ねることで、のこぎりのような波形を生成します。バイアスは、これらのレイヤー間のミックスをコントロールします。

プラグイン

このプラグインは、特徴的なスプリングリバーブ(一部のモデルではReverbeoと呼ばれる)を含むPhilicordaのユニークなキャラクターをキャプチャしています。スプリング・リバーブとスピーカーは原音を維持するために入念にサンプリングされていますが、Philicordaの音色生成のコアは完全にアルゴリズム化されており、サンプルベースの楽器の限界を超えた、リアルで正確なエミュレーションが可能です。

特徴

・オクターブ・セレクター(8分、4分、2分)
・VOXセレクター(I~V)
・ビブラート
・スプリング・リバーブ
・オーバードライブ
・エンベロープ・ジェネレーター
・リーケージ・コントロール
・バイアス・コントロール
・キークリックエミュレーション
・ランダマイザー付きプリセット・システム


通常合計9800円が4800円になっています。

セール購入はこちらから

※外貨レートの為価格が多少上下する事があります。

 

関連記事