GUIでピッチマップを作成するだけでメロディーやハーモニーを変えることができるPITCHMAP Pitch Shifter by Zynaptiqが69%OFF!7/16まで

投稿日:

PR

PITCHMAP

星がいっぱい

PITCHMAPは、ミックスシグナル内の個々のサウンドのピッチをリアルタイムで処理できる世界初で唯一のプラグインです。MIDIキーボードで演奏したり、GUIでピッチマップを作成するだけで、録音のメロディーやハーモニーを変えることができます。PITCHMAPは、ミックス内の個々のサウンドを抑制する機能や、オーディオにシンセサイザーのような高度なサウンド変換を適用する機能も備えています。つまり、PITCHMAPは感動的な楽器であり、精密な補正ツールであり、文字通りあなたの手で音楽を形作ることができる唯一のプロセッサーなのです。

 

こんな用途に使える!

・エンジニアは、ミックス・レコーディングの不正確なチューニングを修正することが可能!
・作曲家は、即座に、手間をかけずに、刺激的な方法で、作品のさまざまなハーモニーを試すことが可能!
・サンプリングされた素材を扱う音楽プロデューサーは、まるで陶芸家の手にある粘土のように、サンプルの中に音楽を彫刻することが可能!
・DJは、楽曲のキーやスケールをシームレスなセットに合わせることが可能!
・サウンドデザイナーは、今日の映画やゲームを没入感のあるものにしているサウンドを作り出すユニークな新しい方法を手に入れることが可能!
・既存のレコーディングを使った迅速な楽曲/スコアのプロトタイピング。
・MIDIコントロールによるミックス・エレメントの抑制
・ライブ入力に基づいたユニークなシンセサイザーサウンドの作成
・お気に入りの曲やプレイリストから直接、即座にリミックスやプロフェッショナルな伴奏トラックを作成

MAP そのピッチ

当社のミックスド・シグナル・オーディオ・プロセッシング・テクノロジー(MAP)に基づき、PITCHMAPは内部で入力信号をハーモニクスやトランジェントを含む個々のサウンドにデミックスします。この技術は文字通りロケット科学であり、人工知能アプリケーションでも使用される知覚モデリングとパターン認識技術を使用して行われます。この分離された音は、個別にチューニング補正され、他のピッチにマッピングされます。MAPはまた、PITCHMAPのシンプルで使いやすく、かつ非常に効果的な機能である、ミックス要素の抑制や分離を可能にします。

ナチュラル

私たちのMAPプロセスは、蝸牛とそのデータを解釈する脳領域を含む、人間の知覚システムのモデルに基づいています。したがって、私たちのプロセスは、正しい設定と適度なピッチ修正によって、本質的に非常に自然なサウンドになります。しかし、人間の声は、どの楽器とも大きく異なる、非常に特殊な音のトポロジーを持ち、人間の聴覚は、声の最も微妙な音の変化さえも検出できるように訓練されています。そのため、音声を他の楽器と同時に処理することは、これまで困難でした。これに対応するため、私たちは声の要素を認識し、別々に処理するインテリジェンスのレイヤーを追加しました。これをナチュラル・モードと呼んでいます。

エレクトリック&クリエイティブ

ある種のピッチ補正アルゴリズム・アーティファクトは非常に人気があります。あなたがそれを望むなら、私たちはそれらも用意しています。しかし、私たちのMAPプロセスには、それ以上のサウンド・オプションがあります。 PurifyとElectrifyというパラメーターを追加し、サウンドをよりシンセティックに、またはシンセティックでなくすることができます。ライブMIDI機能と組み合わせることで、これらのパラメーターは基本的にPITCHMAPをユニークなシンセサイザーに変身させることができ、非常に遠大なサウンドデザインを可能にします。

博士号は不要

DSPのコード自体は非常に複雑ですが、ピッチをマッピングするプロセスは、MIDIキーボードでノートを演奏するか、超スリックなGUI上でスライダーをドラッグして、ソース・ピッチをターゲット・ピッチに割り当てるだけです。また、専用のマクロ・コントロールを使って、コンピューターにピッチ・マッピングを任せることもできます。ミックス・シグナルでピッチを変更することが、これほど直感的で音楽的なことはありません。チューニングの問題を即座に修正したり、直感的な再ハーモナイゼーションや、作曲のピッチを複雑に再構築したり...選択はあなた次第です。

 

ライトニング・ファスト

ワークフローの効率をさらに高めるため、包括的なスナップショット機能を用意しました。8つのスナップショット・スロットにより、複数の設定を比較したり、レコーディングの異なるパートに個別にプロセスを適応させたり、パラメータ・オートメーションを作成したりすることができます。まとめると、PITCHMAPはほぼ瞬時に結果を出すと同時に、細部までアクセスできるようにします。

では、PITCHMAPは、CelemonyのMelodyne EditorやAntaresのAuto Tuneのような他のピッチ処理製品と比べてどうなのでしょうか?一言で言えば、それは違います。PITCHMAPにはそれぞれ異なる用途と強みがあり、互いにうまく補完し合っています。簡単に言うと

ソロ・ヴォーカルやモノフォニック楽器のチューニングが必要な場合は、Auto Tuneを使います。
単一のポリフォニック楽器、または複数の楽器のセクションを微調整または操作する必要があり、オフ ライン編集を使用してもワークフローが崩れない場合は、Melodyneを使用します。
フルミックスやその他の複雑なポリフォニック信号のピッチを、MIDIコントロール下でリアルタイムに調整または変更する必要がある場合、パーカッシブなエレメントのトランジェントな鮮明さをすべて保持する必要がある場合、または遠くのサウンドを作成する必要がある場合、クリエイティブで音楽的なワークフローの中でループやレコーディングでさまざまなハーモニーを試す必要がある場合...PITCHMAPを使用してください。
あなたの仕事の分野によっては、この3つすべてを揃えたくなるかもしれません。PITCHMAPを手に入れて、ピッチ処理ツールキットを完成させよう!

通常合計57087円が17333円になっています。

購入はこちらから

 

関連記事