ダッキング機能搭載のToraverb 2 Reverb by D16 Groupが40%OFF!7/10まで

投稿日:

PR

Toraverb 2

生き生きとしたリバーブ

Toraverbは、決してエミュレーションや近似、再現を意図したものではありません。D16は、「既製」のアルゴリズムやインパルス応答を実装していません。スプリング、ルーム、ホール、プレートといった古典的なユニットとは異なり、Toraverbはそれ自体がコンセプトなのです。

Toraverbは、簡単にアクセスできるパラメーターのセットを使用することで、ユーザーは実質的にあらゆるタイプのアルゴリズミック・リバーブを作ることができます。D16が目指したのは、ノブをどこに置いても美しいサウンドが得られるものを作ることでした。

リバーブはミックスにおいて重要なエフェクトです。優れたデジタル・リバーブは、使用されるアルゴリズムとその実装品質によって決まります。通常、リバーブはセンドエフェクトとして使用され、ミックスの多くのチャンネルがリバーブにルーティングされます。設計が不十分なプラグインやハードウェア・ユニットを使用した場合、リバーブのテールが非人道的に引きちぎられたような音になり、最終的にミックスはちぐはぐなものになります。

最高の拡散クオリティ

Toraverbでは、D16は修正されたオールパス・フィルターに基づき、可能な限り高品質な拡散ネットワークを設計し、微調整されたパラメーターを実装することで、多様な音源における不要なフラッター・エコー効果をほとんど排除しました。これは、"D16はスムーズで簡単に微調整できるようにした "という意味です。

2つのパラメトリックEQ

Toraverbは、各リフレクション・エンジンに1つずつ、2つの独立したシングルバンドのパラメトリック・イコライザーを搭載しています。ローシェルフ、ピーク、ハイシェルフのオプションがあり、リバーブの色合いやキャラクターをシェイプしたり、ソースの特定の周波数を意図的にサステインさせるのに非常に便利です。

モジュレーテッド・テール

Toraverbには、拡散ネットワークに影響を与えるモジュレーション・パラメーターもあります。これは、音波の反射を時間的に分布させる役割を果たします。モジュレーションを変更することで、リバーブテールのサウンドを変化させ、よりリアルな音の伝播効果を得ることができます。モジュレーション量は、初期反射と後期反射で個別にコントロールできます。

リアルなクロストーク

物理的な空間の印象をさらに良くするために、D16はToraverbに革新的な空間反射アルゴリズムを追加しました。これは、両ステレオ・チャンネル間に反射したステレオ波を挿入することで、空間反射を改善します。これは、1つの定位した音源が反射して両耳に聞こえるようになるときに現実世界で起こることをモデル化したもので、臨場感を高めるだけでなく、空間定位を可能にします。

アーリー、レイト、ホール&プレート

アーリー反射とレイト反射を素早く便利にブレンド。両方のリフレクション・タイプにバランス・パラメーターが追加され、Left / RightまたはMid / Sideモードで作業することで、レトロなリバーブ・パンや、低域のアーリー・リフレクションをモノにしながら、中高域の長いテールを広げることができます!

内蔵ダッカー

ほとんどのスタジオで必要不可欠な機能です。Toraverbは内蔵ダッカーを搭載しており、ドライ/未処理の入力のラウドネスに比例してFX信号の振幅を圧縮し、全体的な出力信号のエネルギーを節約します。プラグインに内蔵されたこのようなツールは、音楽プロデューサーやスタジオ・エンジニアにとって本当に時間の節約になります。Fxチェーンにサイドチェーン・コンプレッション・ユニットを追加する必要がなく、この点を最小限に簡素化できます。

特徴

・高品質のディフュージョンネットワーク
・オプションのテンポ・シンク付きプリディレイ。
・リバーブのテールモジュレーション(アーリーリフレクションとレイトリ・フレクションの独立コントロール)。
・コントロール可能なクロストーク空間反射。
・アーリー/レイト反射用のパラメトリックEQ(それぞれ3種類のカーブ付き)
・アーリー/レイトミキサー(ステレオバランスはL/RまたはM/Sドメインで動作)。
・ダッカー内蔵
・調整可能なFXクロスフェード特性
・タグベースのプリセットブラウザ
・2種類のGUIサイズ
・MIDI学習機能
・64ビット内部処理

通常合計11927円が7156円になっています。

購入はこちらから

 

関連記事