ギタリスト【小指を鍛える】為の【3つのトレーニング方法】

投稿日:2019年12月12日 更新日:

小指が苦手な人の為のトレーニング方法

ギターを弾いていると小指が思うように動かないといった壁に当たることがあります。そんな人の為に 小指をトレーニングする方法を3つ準備しました。これを行う事で小指の柔軟性・スピード・パワー・安定性が身につきます。どうぞ お試しください。

①小指を狙った超筋トレ

参考動画

TAB譜

解説

これをインテンポでひたすら小指がつりそうになるまで行ないます。まずはBPMを安定して弾けるギリギリに設定し、慣れてきたら徐々にテンポアップしましょう。実践的では全くないので筋トレのフレーズと割り切って行うのが最適なトレーニングです。隣り合う二つの指を使って同様のフレーズが弾けますので、人差し指と中指のペアや中指と薬指のペアで行うことも可能。トレーニングしたい指を使用して行いましょう。また、メトロのームを使用することで、トレーニングがスピードアップしていく軌跡を記録出来るので上達を実感する為にも是非使用してみましょう。

②マイナーコードで小指トレ―ニング

参考動画

TAB譜

解説

マイナーコードのバレーコードを使用した小指のトレーニングです。こちらは①に比べてやや実践的です。小指でコードまわりをうろつく様なイメージです。1弦は7th、2弦はⅣ(sus4)、3弦はになるのでマイナーコードだったら曲中でも使用できるフレーズですね。これをひたすら1フレットずつずらして繰り返していきます。

③地獄のハンマリング&プリング

参考動画

TAB譜

解説

指全体を追い込みたい時に行うトレーニングです。各弦ピッキングは1回のみ。あとは指の力だけで音を出していきます。音がボヤっとしない様にはっきりとだしていくことがポイントです。一日の終わりにギターを弾き足りないと思ったらこれをひたすら行って指の力をオールアウトしましょう。やりすぎて腱鞘炎にならない様に注意してください。

最後に:まとめと注意点

以上3つトレーニングをご紹介しました。小指に限らず他の指もとレーニング出来るので一石二鳥なものもありますね。前述しましたが、こういったトレーニングフレーズは過度に行うと手への負荷がかかりますので、くれぐれも怪我には注意して行うようにしてください。

特に腱鞘炎はギタリストにとっては天敵です。適度に休憩をはさみながら行うのがベストでしょう。また、速弾きについてもこちらの記事のフレージングと関連する様な内容を別項で書いていますのでそちらもご参考にしてみて下さい。

-, ,

関連記事

速弾きに必須?!【シーケンス】って何?

この記事の目次シーケンスとはシーケンスフレーズの呼び方と意味シーケンスフレーズ3ノートシーケンス4ノートシーケンスシーケンスの応用 シーケンスとは 英語で《sequence》。-連続した -連続性のあ …

ギター練習方法これは絶対やらないとダメ【ゆっくりやる】が重要な理由

この記事の目次ゆっくりやるが重要な理由ギターはマッスルメモリーに依存する間違ったフォームで反復練習をする危険性反復練習をずっと続けると危険?!必ずゆっくり弾こう!やり方と注意点 ゆっくりやるが重要な理 …

インサイドピッキングとアウトサイドピッキングの違い【どっち?】

この記事の目次インサイドピッキングとアウトサイドピッキングの違いインサイドピッキングとはアウトサイドピッキングとはどっちの方がいいの?アウトサイドの方が楽?!オルタネートと関係してくる双方向のピッキン …

エレキギギターの重さってどのくらい?【平均】【重いギター】【軽いギター】

この記事の目次ギターって重さってどのくらい?ギターの重さ比較エレキの重さ一覧と平均重いメリットとデメリットメリットサスティンが伸びやすい安定感がある高級感があるデメリット持ち運びに苦労するずっと持って …

【オベーションのランクについて】

  Ovation(オベーション) って聞いた事ありますか?   アメリカのギターブランドで 尾崎豊も愛用していた事で 有名なギターですね。   特徴的な形状と材質で、 …