ジミーペイジも愛用したエコー/ディレイがついに登場Echorec Delay by Pulsar Audioが60%OFF!11/23まで

投稿日:2023年6月3日 更新日:

PR

Echorec

Pulsar Echorecは、1960年代にイタリアのブランドBinsonが製造した同名の象徴的なエコー/ディレイユニットをソフトウェアでエミュレートしています。

この磁気ディスク・ディレイのサウンドは、当時使用されていたテープ・ディレイとは異なり、ピンク・フロイド、シャドウズ、ジミー・ペイジなど多くの70年代バンドのオーディオ・シグネチャーに大きく貢献しました。

Binson Echorec 2のベスト・ソフトウェア・エミュレーション

ヴィンテージ・エコレック・デバイスは、そのサチュレーション、自己発振、オーバーサウンドで知られ、70年代に生み出された音楽を形成してきました。しかし、その反面、壊れやすく、メンテナンスが難しいことでも知られています。

Pulsar Echorecプラグインは、この伝説的なエコー・ユニットを忠実にエミュレートします。さらに、モーターのスピード(つまりディレイ・タイム)をリアルタイムで変更したり、タップ・テンポを含む任意のテンポに同期させる機能など、オリジナルに多くのワークフロー改良が加えられています。

また、3種類の異なるコンディションのユニットを精密にモデリングし、クリーンな磁気ディレイからグランジサウンドまで、あらゆるサウンドを実現しています。

これらの機能とBinson Echorec 2の特徴的なサウンドにより、このエコーは、デジタル・ディレイ・プラグインに欠けている微妙なアナログ・ライフを追加したいミキサーにとって必携のツールとなっています。

主な特長

本格的な真空管サウンド

Binson Echorecの全管球式入力セクションのサウンドを正確に再現しています。特にプリエンファシスフィルターのモデリングには細心の注意が払われています。

磁界の再現

磁気デバイスを通過した音は、特殊な方法で変化します。磁気飽和とヒステリシスを含むエコーレックディスクの複雑なプロセスを精密にモデリングしました。

ステレオドリフト

オリジナル・ハードウェア設計の改良として、パルサーは左右のチャンネルをわずかにデチューンすることができるようになりました。その結果、正確に配置された繰り返しのある大きなステレオ・エコーが得られます。

クリエイティブなモジュレーション

サウンド・エンジニアは常にトリックを持っています。エコーレックの最もクールな機能の1つは、指でディスクをスロー再生することで、クリエイティブなピッチ・モジュレーションや遅延信号のワウ&フラッター効果を実現できることです。

3つの使用状況

現在見られるビンソン製品は、50年の時を経ています。ミント・コンディションのものもあれば、中古品もあります。パルサーは、測定中に各ユニットが特別な色を持っていること、そしてユニットの状態とは無関係に本当に素晴らしいものがあることを発見しました。そこで彼らは、最も気に入った3つのユニットを選びました。

オフ・モード

エフェクトの中には、音に全く影響を与えないはずのものでも、信じられないほど良い音に聞こえるものがあります。ビンソンエコーレックもそのひとつです。そこで、遅延させた信号の色合いや硬質感を、遅延させずに再現するOffモードを丁寧に設計しました。


通常合計16500円が6500円になっています。

購入はこちらから

※外貨レートの為価格が多少上下する事があります。

過去のセール

2023/06 72%OFF
2023/09 40%OFF

 

関連記事