ギターで【Lemon/米津玄師】を弾くためのストローク方法

投稿日:2020年5月11日 更新日:

ストローク方法

米津玄師による「Lemon」を弾きたい方は多いのではないでしょうか。この楽曲はTBSドラマ「アンナチュラル」の主題歌として制作され、リリース後瞬く間に大ヒットとなった超がつく有名曲ですが一方でリズムが以外にも難しいシャッフルとなっていてこれが弾けないとなかなか楽曲の雰囲気が出ません。本記事ではこのシャッフルについて解説し、弾き方を説明していきます。

Lemonのストロークはシャッフル

Lemonのリズムはシャッフルと呼ばれるものです。シャッフルとはハネてるやスウィングなど、後半の音符のリズムがもたれる事で独特のノリの良さを感じれます。Lemonは、中でもハーフタイムシャッフル、バウンス、ファンクシャッフルと呼ばれるシャッフルのリズムになります。

参考:シャッフルって何?パターンや種類【ハネる/スウィング】

ハーフタイムシャッフル

ハーフタイムシャッフルとは、一般的な8分音符がもたれるシャッフルのハーフタイム、つまり16分音符がもたれるリズムになります。表記はこうなります。

16分音符をストレートで弾くところを3連符にしてくださいねという定義づけ表記になります。

Lemonのストロークを実践

では実際の弾き方に関してですが、今回は16ビートの基本的なストロークをハーフタイムシャッフルにして弾いていきます。まずは16ビートの基本的なストロークから、

ストロークのやり方が分からない人はまずはこちらからどうぞ

実際に聴いてみましょう

理論的な事を言っても結局百聞は一見に如かずです。実際にストレートと聞き比べて真似をして弾いてみましょう。

これをストレートで弾くとこうなります。

次にハーフタイムシャッフルで弾いた動画になります。

2つともLemonのAメロの冒頭を弾いていますが、最初の方の動画に合わせるとかなり歌いづらいと思います。2個目の動画の方だと合わせやすいのはメロディーもハーフタイムシャッフルに合わせてハネている為です。

Lemonを弾くならハーフタイムシャッフルは必須?

ハーフタイムシャッフルは16分音符で刻む時にだけもたれるので、全音符~8分音符だけをつかって弾けばなんとなく違和感なく弾けてしまいます。一方でメロディーはハネを意識しているので本格的に弾き語りしてみたい人は必須といえるでしょう。

-

関連記事

Fm・A♭mも簡単に弾けるマイナーコードの必殺技

この記事の目次簡単に弾ける必殺技はコレFmとA♭mはこうやって押さえる!簡単な理由はコレコード名は?音の並びは?応用すれば更に簡単になる 簡単に弾ける必殺技はコレ 記号の意味は ● → 押さえる箇所& …

【アコギ】分かりやすいギター弦交換のやり方【4つの手順】

この記事の目次弦交換のやり方:4つの手順弦交換手順①準備弦交換手順②ギターから古い弦をはずす弦を緩めるピンを抜く弦を切ってはずす弦は可燃ゴミ 弦交換 手順③指板の洗浄・保護指板やサウンドホール周りを乾 …

【東京都内★楽器店舗数ランキング!:ギターの選び方②】

楽器を買いたいけど どこで買っていいか分からない! 楽器店が多すぎる!   楽器を購入するときは不安が多いですよね。 そこでせめて東京都内にどの様な店があって   最寄り駅毎にどの …

【Cm・Cm7】の超簡単な押さえ方

CmとCm7を押さえる時に使える簡単な押さえ方をご紹介します。コードを覚える最強アイテムも最後にご紹介しているので興味ある方は一番下までスクロールどうぞ。 この記事の目次簡単な押さえ方がこちらCm・C …

ギターストローク【カッティングのやり方#1】ミュート×ブラッシング

この記事の目次ギターストロークカッティングのやり方カッティングのやり方カッティングはブラッシングとミュートの応用手順①ミュートを行う手順②ミュートした後にブラッシングする手順②で行った動作を限りなく短 …



管理人の「パグ」です。

ギターを通して音楽と関連付けた情報を発信しています。日々変わる情報や流行を模索します。