サウンドに光沢のある「鉄」感を加えるリバーブ!Linda IronVerb Reverb by Audifiedが80%OFF!1/21まで

投稿日:

PR

Linda IronVerb

クラシックなアルゴリズム・リバーブ。

ミュージシャン、プログラマー、ミキシング、マスタリングエンジニアであるマーティン・リンダのクリエイティブなマインドを基に、Audifiedは新たな製品の共同開発を決定しました。以前Audifiedは、現代のギタリストの特別なニーズのために設計されたユニークなアンプ、Linda RockStackを発表しました。そして今、Audifiedはメタリックなサウンドキャラクターを持つアルゴリズミック・リバーブ、IronVerbをお届けします。

IronVerb - 他に類を見ないリバーブ

IronVerbはクラシックなアルゴリズミック・リバーブで、繊細で短いリバーブから、長いディケイを持つ巨大なアトモスフェリック、エーテル、アンビエント・テクスチャーまで、あらゆるリバーブ・ニーズに最適です。主な特徴であるIronizeモジュレーションは、リバーブのテールに鉄のようなサウンドを加えます。6つの異なるモード、プリディレイ、フィードバック、ダンピングなど多数のパラメーターを搭載しており、希望やニーズに合わせて微調整できます。モジュレーション・セクションでは、ビブラート/コーラスをリバーブにミックスすることができます。 ドラム、ボーカル、ギターから、ホールや大聖堂のような大空間のシミュレートまで、その用途は様々です。

ハイライト

・Ironize Effect - サウンドに「鉄」感を加えます。
・Linda Audioとのコラボレーション。
・6種類のモード。
・シンプルで分かりやすいインターフェース。
・より'シンシー'なフィーリングのためのモジュレーション。
・経験豊富なミキシング&マスタリングエンジニア、Martin Lindaによるデザイン。

ユニークなIronizeモジュレーション - IronizeはIronVerbを特別なものにしている機能です。サウンドに滑らかさや光沢のある鉄のようなキャラクターを加え、パッド・サウンド、アトモスフェリック・サウンド、アンビエント・サウンドスケープに最適です。ノブでIronizeモジュレーションの量をコントロールできるので、従来のリバーブ・サウンドに微妙なIronizeサウンドを加え、ユニークなサウンドに仕上げることができます。

6つの異なるモード - オリジナル・アルゴリズムによる6つの異なるモードを搭載し、様々なリバーブ・カラーとバイブを実現。周期的なワーブリング効果を持つFlutter、レコーディング・スタジオで使用されるクラシックなビンテージ・プレートをベースにしたPlate、スラップバック・エコーのようなサウンドをもたらす遅いアタックのSlapback、狭いスペースと高い密度でシャープなサウンドをもたらすDense、スティール・バレルをシミュレートしたSteel、スティール・バレル・サウンドに異なる雰囲気をもたらす、遅いアタックのSteel2などがあります。

Pre-DelayとFeedbackコントロール - Pre-Delayは、最初の反射が始まるまでの時間を最大500msまで遅らせることができます。Feedbackは、短いエコーのような反射から長いディケイ・トレイルまで、反射の量と時間をコントロールします。

Damping & Resonance - Damp Amtは、反射面による高周波数の吸収量をシミュレートし、リバーブのテールを暗くしたり明るくしたりできます。Damp Freqコントロールは、100 Hzから15 kHzの範囲で周波数を選択でき、リバーブの完璧なサウンドを調整できます。Resonanceは、ダンピング・フィルターのレゾナンス/中域のシェーピングを設定します。Resoが大きいほど、ダンピング周波数直下の帯域にゲインが追加され、それ以外の帯域にはゲインが少なくなります。

BigとWide - Sizeコントロールを使用すると、リバーブサウンドの大きさを調整することができ、Widthを使用すると、音像をモノラルからフルステレオまで、またその中間まで拡大することができます。

Hi-Pass Filter - Hi-Pass は、低域に不要なリバーブがかかるのを防ぎます。20~1000 Hzの範囲で設定でき、周波数スペクトルの低音側で、他の楽器と衝突する可能性のあるゴロゴロ音やエネルギーの蓄積を防ぎます。

Wet / Dry - Wet/Dryコントロールにより、クリーン信号とリバーブ効果のブレンドをコントロールできます。


通常合計15500円が3000円になっています。

セール購入はこちらから

※外貨レートの為価格が多少上下する事があります。

 

関連記事