アナログ・ユニットのサウンドとフィーリングを可能な限り忠実に再現、独自のサウンドを作り出すリバーブプラグイン!RO-140 Reverb by Black Rooster Audioが61%OFF!1/21まで

投稿日:

PR

RO-140

ビンテージ・プレート・リバーブ

RO-140は、Black Rooster Audioオリジナルのプラグインでありながら、伝説的なハードウェアを忠実にモデル化しました。そのプレート・シミュレーション・アプローチにより、アナログ・ユニットのサウンドとフィーリングを可能な限り忠実に再現しつつ、予想外のひねりを加えることができます。

トラックに最適なリバーブの量とタイプを実現することは、ミックスを左右します。プロデューサーは、このエフェクトを使用することで、ミックスであらゆる空間を模倣することができるようになり、耳をだまし、壮大な広がりから居心地の良い親密さまで、あらゆるものをシミュレートできるようになりました。今日の音楽制作では、リバーブ・プロセッサーが広範囲かつ簡単に使用されていますが、昔からそうだったわけではありません。

エンジニアたちは50年代から、高価なリバーブ・ルームを再現するために箔や金属板を使った実験を行ってきたが、その結果、サウンドは良かったものの、この技術は時間とコストがかかり、予測不可能であることが判明した。とはいえ、プレート・リバーブは、50年代や60年代のヒット曲の多くで広く使われていた。

プレート・リバーブの本来の目的は残響室をエミュレートすることだったが、その後のハードウェア・バージョンはそれ自体が伝説となった。

EMT 140のようなクラシックなビンテージ・ハードウェアと、現代の純粋なインパルス・レスポンス・ベースのプラグインとの違いは、どんな優れた耳にも明らかです。そのため、Black Rooster AudioはRO-140を作るために、1つだけでなく6つのプレート・リバーブを物理的にモデリングしました。

この多用途なプレート・リバーブ・プラグインは、オーディオの詳細なカスタマイズの新たなレベルを発見することで、あなたの制作を次のレベルへと導きます。人気の高いハードウェア・クラシックのサウンドをキャプチャできるだけでなく、プレート素材やプレート・サイズ、ダンパー、プリディレイ・コントロールの組み合わせはほぼ無限大で、独自のサウンドを作り出すことができます。

特徴

クラシックからインスパイア

このプラグインは、EMT 140をはじめとするクラシックなプレート・リバーブにインスパイアされたもので、小型ながらパワフルなパッケージで、それぞれのクラシックなハードウェアの長所を最大限に引き出します。

物理的に正確な6種類のプレート・マテリアル

RO-140には、ゴールド、シルバー、スチール、アルミニウム、ブロンズ、チタンの6種類の物理的にモデリングされたプレート素材が搭載されており、それぞれダイナミック・プレート・サイズ・コントローラーでサイズを調整できるため、最大限のカスタマイズが可能です。

クラシック・ダンパー・コントロール

物理的にモデリングされたクラシック・ダンパー・コントロールで、リバーブのディケイ・タイムを完全にコントロールできます。

クラシック・プリディレイ・コントロール

クラシック・プリディレイ・コントロールは、ドライ信号とウェット信号間のディレイ量を決定します。プレート・リバーブ・エミュレーションの後に意図的に配置され、DAWオートメーションでリバーブ・テールをモジュレートできるようになっています。

入出力ステージで調整可能なゲイン・ステージング

これにより、プリプロセッシングの入力ゲインレベルとポストプロセッシングの出力ゲインレベルを制御できます。

SSE2最適化コード

DSP演算は、SSE2命令セットを使用してパイプライン処理されます。これにより、非常に複雑な計算にもかかわらず、高性能な動作が保証されます。

ゼロレイテンシー

RO-140は、サンプル遅延補正を必要としないゼロ・レイテンシーの残響プラグインであり、リアルタイム・モニタリングやライブ環境に最適です。

高dpi/レティーナ対応

ユーザーインターフェースは、WindowsとMac OSシステムの両方で高ピクセル密度をサポートし、高DPIディスプレイ上で最も楽しいユーザー体験を提供します。Windowsで作業している場合、HighDPIに対応しているかどうかについては、お使いのDAWのマニュアルを参照してください。


通常合計7700円が3000円になっています。

セール購入はこちらから

※外貨レートの為価格が多少上下する事があります。

 

関連記事