クラシックのヴィンテージ・キャラクターに加え、数え切れないほどのカスタマイズ・オプションのテープディレイ!TD-201 Echo by Black Rooster Audioが61%OFF!1/21まで

投稿日:

PR

TD-201

ビンテージ・テープ・エコー

TD-201ヴィンテージ・テープ・エコー・プラグインは、クラシックなアナログ・ディレイの紛れもないサウンドを21世紀にもたらします。この直感的なユニットは、多彩で詳細なパラメーターを提供し、高度なカスタマイズが可能でありながらシンプルな操作性を実現しています。

音楽制作における1950年代の革命の一環として、ミュージシャン、プロデューサー、エンジニアは、ギターアンプからエレクトリック・オルガン、そして驚くほど多くのスタジオ・エフェクトに至るまで、数え切れないほどの技術革新を導入し、現代のワークフローの基礎を作り上げることに奔走しました。この時期はまた、電気残響&ディレイ・ユニットの誕生期でもあった。

エコー・ジェネレーターの最初の試みであるEchoplexやCopicatのような初期のテープ・ディレイは、技術的に信頼性が低く、運搬時に破損しやすいという歴史がありますが、そのサウンドは非常に魅力的であったため、さらなる試みが必然的に続きました。

日本人エンジニアの掛橋郁太郎とハモンドがマルチヘッド・テープ・エコーの実験を始めたのは、1960年代後半のことだった。そのうちのひとつは、フリーフローティングの1/4インチ・テープ&スプリング・リバーブを頑丈なテープ・チャンバーに収めたもので、ツアーにも対応でき、当時市販されていたどの製品よりも安定性と信頼性に優れていた。

Roland Space Echo RE-201はブランドのベストセラーとなった。RE-201は、現在も音楽制作やサウンド・デザインで幅広く使用されているディレイ・エフェクトへと進化を遂げました。RE-201が誕生して以来、有名なディレイ・サウンドは一貫しています。

多くのテープ・ディレイ愛好家にとって、伝説的なヴィンテージ・ユニットのサウンドに勝るものはありません。しかし、その予測不可能なサウンドに苦戦する人も少なくありません。そこで、TD-201が誕生しました。TD-201は、クラシックのヴィンテージ・キャラクターに加え、数え切れないほどのカスタマイズ・オプションにより、最高の使い勝手を提供する、高度にカスタマイズ可能なイン・ザ・ボックスのテープ・ディレイです。

特徴

マルチヘッド・モード・セレクター

プレイバック・ヘッド間のシームレスな移行を可能にする複雑なモード選択を実装し、完璧なルーム・セットアップを実現します。ヴィンテージ・オリジナルのように、リバーブやディレイを簡単にミックスできます。

ヘッドごとの微調整

下部のパネルで再生ヘッドごとにデプス、ボリューム、ステレオ・ポジションを調整することで、完璧なエコーを微調整できます。9つのパラメーターは、ワークフローにおいて外科手術レベルの精度を可能にします。

タップ&シンク

シンク・コントロールにより、テープ・スピードをミックス/リズムに素早く同期させることができます。この機能を使用すると、エコーはタップ・ノブのインパルスに追従します。

ダイヤル・イン・ランダム

ハードウェア・テープ・マシンの特徴である、モーター、フラッター、ヘッドルーム、ドロップアウト、ノイズをコントロールします。また、エコー・サウンドをよりリアルにするために、ランダム性を調整することもできます。

ローファイ・カセット・エフェクト

ちょっとしたコツ:エコーを0msに設定し(HEAD 1 ONLY Mode Selector = 1 & HD1 Pos = 0)、ミッドパネルのモーター、フラッター、ヘッドルーム、ドロップアウト、ノイズのみを操作します。これぞ完璧なローファイ・カセット・エフェクトです。

アップルシリコンとSSE2最適化コード

DSPオペレーションは、最新のApple Silicon & SSE2命令セットを使用してパイプライン化されています。これにより、プラグインの非常に複雑な計算にもかかわらず、高性能な動作が保証されます。

HighDPI/Retinaサポート

ユーザー・インターフェースは、WindowsとMac OSシステムの両方で高ピクセル密度をサポートし、高DPIディスプレイ上で最も楽しいユーザー体験を提供します。Windowsで作業している場合、HighDPIに対応しているかどうかについては、お使いのDAWのマニュアルを参照してください。


通常合計7700円が3000円になっています。

セール購入はこちらから

※外貨レートの為価格が多少上下する事があります。

 

関連記事