定番のカノンコード進行【簡単に覚えられる】あの名曲もこれ

投稿日:

PR

カノン進行ってなに?

カノン進行というのはパッフェルベルのカノンという曲のコード進行と同じだよねというコード進行の事です。

パッフェルベルのカノン
MOVIE

クラシック音楽にあまり馴染みがない人でもカノンは聞いた事があるのではないでしょうか。それだけこのコード進行と付随するメロディーが印象的で好きな人が多いのです。

具体的にどんなコード?

Canon on Cの場合

CG→Am→Em→F→C→F→G

ハ長調と呼ばれるドを基音とした場合のコード進行が上記の通りになります。ですがこれだけだとあまり多くの曲に使われてるようには感じませんよね?

実はカノン進行というのは進行の間隔の事を指しているので他の調でも同様にカノン進行と呼びます。

Canon on Dの場合

D→ABm→F#m→G→D→G→A

Dを基音とした場合でも同じようにカノンと同じ進行になります。カノンはDメジャーキーで弾かれることが多いですが、これをCメジャーやEメジャーなど他の調に移した場合もいずれもカノン進行と呼ばれます。

コード進行とメロディは関係ない?

カノン進行というのはコードの事を指していて重要なのはコード感です。コード感というのは単音のメロディではなく伴奏の和音の事をさしているのでカノンのメロディと似ているからカノン進行というわけではなく伴奏の流れが同じだからカノン進行という事になります。

コード進行が同じだとメロディも似て聴こえるかもしれないけどね!
れお
れお

カノン進行が使われている有名曲

Wherever You Are / One Ok Rock
マリーゴールド / あいみょん
クリスマスイブ / 山下達郎
Pretender / Official髭男ism
愛は勝つ / KAN
チェリー / スピッツ
etc

ここに書いてある曲が好きな曲ばかりだ!と感じた方は知らず知らずにカノン進行の虜になっているのかもしれません。

どうしてカノン進行は好かれるの?

カノン進行が長年親しまれてきたのはクリシェが気持ちいいからです。実はバラバラに見えるコード進行のカノン進行もベースラインや音の構成を見ていくと理論的に組み上げられているのが分かります。例えば

CG/B→Am7→Am9/G→F→C/E→F→G

とカノンの四重奏のメロディを追っていくとコードは上記のように表せます。ラインクリシェの様のコードの一部分のみが変化していって最後のドミナントコードであるGまであがっていくのがとてもスムーズで美しいですよね。この美しさに魅了された人がカノン進行改めカノン信仰しているわけです。

たま
たま
カノン信者だにゃ!!

 

関連記事