コンプレッサーって何?使い方や効果を解説

投稿日:

コンプレッサーって何?

音の大きい箇所を小さくして、音を均すことが出来る

コンプレッサーとは音量のダイナミクスをより抑制する事で音にまとまりを持たせる役割を持ちます。

 

コンプレッションとはコンプレッサーの効果の事であり、エフェクターやプラグインなどで使用する事が出来て、ミックス作業などでは全てのパートにコンプレッションをかける程音響においては重要な役割を持っています。

コンプレッサーの役割と効果

コンプレッサーの役割はずばり音のまとめ。一般的に流通している音源はエンジニアなどが職人技で仕上げているので耳触りのいいものが多いですが、

 

エンジニアが編集をしない音源やライブなどでは音量のダイナミクスレンジが広くて場合によっては長時間聴いていると疲れてしまいます。

 

ライブの良さはそのダイナミクスレンジによるものこそと言えなくもないですが、ライブでさえPAでコンプレッションをかけている場合が多いです。

「ヤッホー!」にコンプをかけると?

実際にどういった効果があるかというと、例えば「ヤッホー!」と叫ぶとします。

 

「ヤ」「ッ」「ホー!」で分けた時に当然それぞれ音量には差が出来ます。「ヤ」と「ホー!」が大きいのに対して「ッ」の部分は音量が小さいです。

 

⇒「ヤ」と「ホー!」を潰して音を均す

 

ここにコンプレッサーをかけると、この「ヤ」と「ホー!」の部分をある一定の音量を超えたらおさえつけて音量を小さくします。

 

小さくした上で減衰した分の音量を全体の音量レベルを上げてあげると「ヤ」と「ホー!」は減衰し、「ッ」が持ち上がります。

 

すると「ヤ」と「ホー!」に対する「ッ」の音量の差に開きが少なくなります。

実際「ヤッホー!」にコンプレッサーをかけて音量を馴らす事はほとんどないと思いますが、

 

バンドなどで各パートのレンジを鳴らしてあげる事でバランスをとりやすくなり、全体のまとまって綺麗に聴こえるようになります。

コンプレッサーの用語解説

コンプレッサーも様々な種類がありますが、一般的にコンプレッションする時に使用されるノブなどの解説をしていきます。

スレッショルド(Threshold)

スレッショルドは減衰開始地点になります。この音量を超えたら自動的に音量を下げてねというポイントを設定するメーターになります。

ニー(Née)

ニーはスレッショルド地点からいきなり減衰させるのではなく地点よりも前から緩やかに減衰を開始させる効果があります。ニーがないとスレッショルドの地点からいきなり減衰が始まりますが、減衰を緩やかにするのに使われます。

アタック(Attack)

アタックはかかり始める時間を設定する事が出来ます。これが遅すぎると音が発生してから音が鳴り終わった後にかかってしまいます。また、アタックがある事で原音が少し混ざるので原音が鳴った後にコンプレッションがかかる効果を得る事が出来ます。

リリース(Release)

リリースはコンプレッションがかかってからコンプレッション効果がなくなるまでの時間になります。これが長すぎると次の音にコンプレッションがかかってしまったりしますが、適度に長さを決める事で狙った音に必要な長さのコンプレッションをかける事が出来ます。

レシオ(Ratio)

レシオは入力音に対しての出力音の比率になります。1:1の場合は1入力された音に対して1の音量が出力されますので、コンプレッションが全くかかっていない状態になります。2:1の場合は2の音が入力されたら1だけ出力されます。同じ様に2:1の時は10の音が入力されたら5だけ出力されます。

ゲイン(Gain)

ゲインはメイクアップゲイン(make up gain)と呼ばれることもありますが、コンプレッションで失った分の全体の音量上げる役割を持っています。

 

コンプレッションされた音をもう一度上げる事に疑問を持つ人もいるかもしれませんが、コンプレッションによって失われたのは

 

入力が特に比較的に大きかった部分でスレッショルドを超えてしまった部分のみですので結果的に小さい音が底上げされ、大きすぎる音は小さくなり、全体のダイナミクスがまとまります。

関連記事

【大人は絶対音感を付けられるの?】

絶対音感という言葉をご存知でしょうか?聞いた事がある方がほとんどだと思います。もしかしたら読者様の中にもいるかもしれません。 この記事の目次絶対音感とは絶対音感は勝手に身につくのか絶対音感は遺伝説絶対 …

スケールってなに?【ギター】音楽理論を簡単に覚える

この記事の目次スケールって何?何でスケールを練習するの?スケールとはスケールの使い方スケールの種類スケールは呼び方が一つじゃない?スケールとモード スケールって何? ギターを弾いているとスケールという …

【コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い】

この記事の目次コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違いコンデンサーマイクダイナミックマイク コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違いについて解説致 …

【かみて】と【しもて】ってどっち?どこ?ステージ上の立ち位置【バンド】

この記事では「かみて」と「しもて」について解説しています。「じょうず」と「へた」と紛らわしさを回避する為にあえてひらがなで書かせていただいていますのでご了承ください。 この記事の目次【かみて】と【しも …

【チューナーの…439Hz、440Hz、441Hz…って何?】

  Hzとは、、、 ヘルツ(周波数)の事で、 この数字が高いほど音程も高くなります。 一秒間に何回周期的変化が 繰り返されるかを示す単位。 (デジタル大辞泉参照) この記事の目次はじめにチュ …



管理人の「パグ」です。

ギターを通して音楽と関連付けた情報を発信しています。日々変わる情報や流行を模索します。