【簡単】ギターレコーディングの音作りの4つのコツを紹介【宅録】【録音】

投稿日:

ギターの音作りの5つのコツ

ぽち
ぽち
音作りのコツをおしえてくれ!

この記事ではギターの音作りのコツをご紹介します。

懸命な読者様によっては紹介するいくつかのコツは当たり前のようなことも含まれるかもしれませんが、もし新しい情報があれば是非活用していただければと思います。

1、ミュートのコツ

ミュートは歪んでいる音にだけ有効ではありません。ミュートには様々な種類があり、右手でミュートや左手でミュートしたりして録音する場面においてはミュートの重要度が非常に高いです。

右手と左手を両方使う

左手でのミュートは多くの人が実践していますが、右手で更にミュートをすることで他の音が入らないようにします。

ジミーヘンドリックスのフレーズやスティービーレイボーンなどのフレーズはこういったテクニックを使用して演奏されています。

ミュートのためには更に便利なアイテムもあります。

フレットラップを使って余計な共振などを防ごう!

 

 

2、ダブリングのコツ

れお
れお
ダブリングは同じフレーズを2回とって左右から出すやつだね!


音色を変える。片方をオーバードライブを通した方が音がクリアになる。

ドライブ自体は低く設定していても問題はありません。オーバードライブを通すことで低音部を引き締め音に輪郭がでます。

効果倍増!

ダブリングをする場合に同じ設定で行うと大きなモノサウンドのようになってしまいますが、片方をオーバードライブに通してハイパスによって周波数特性を変えてあげることでダブリンク効果が広くなります。

ダブリングを試したりするときに片方をオーバードライブにかけるとアンプが違う反応をするのがわかると思います。

3、ギターとベースの棲み分けをする

ギターとベースの周波数特性を理解してしっかりと棲み分けをする必要があります。

ぽち
ぽち
ベースとギターの音が被らない様にするんだね!


例えば、ベースの4弦は41Hzでギターの6弦は82Hzです。ギターのミュートバッキングをしているときに140−150Hzあたりにあります。

多くの場合はギターレコーディングには膨大なローが含まれていて、ミックスで不明瞭さが際立ちますのでギターはベースとの周波数帯域が被らないようにハイパスしなければなりません。

ハイパスフィルターでどこから音をカットするか決めるんだ!
れお
れお


4、エフェクトをかけ録りする

エフェクトをかけながら録音したほうがいい

エフェクトをあらかじめある程度かけておいて録音することはアレンジを決めることにおいて非常に重要です。

エフェクトをトラックにそのまま録音しないにしても早い段階でエフェクトのイメージを掴んでおくことは重要です。

当時の録音環境にも左右されたかと思いますが、ビートルズも掛け録りをしていたようです。

エフェクトのイメージを早い段階で決めておくことでミックスがしやすくなり、作業効率も格段に上がります。

ノイズゲートなども早い段階でかけておかなければ後々の作業が非常に手間になります。

ぽち
ぽち
ある一定のノイズをカットできるやつだね!


合わせて自分で録音する4つの方法もリンクを載せておきますので参考までにどうぞ。

-,

関連記事

CAGED(ケージド)システムって何?【ギター】

この記事の目次CAGEDシステムって何?CAGEDシステムの構成要素CAGEDシステムの基本フォームCAGEDシステムをDコードにずらすCAGEDシステムの応用 CAGEDシステムって何? たまCAG …

【変なギター紹介】

色々な形なギターががありますね。 THE ALFEEのの高見沢さんの ギターなんて翼生えてるときありますよね^^ こういった具合にエレキギターだと なんだか分からない様なギターがたくさんあります。 こ …

【不良弦が混じってた?!弦購入時の落とし穴】

  弦を購入した後、 状態確認していますか? 実は弦の中には 【 不良弦 】 と呼ばれる粗悪品が混ざっている事があるのです。 この記事の目次どんな弦が不良弦なのか不良弦の見つけ方“ピッチが合わない”原 …

ギタリスト【小指を鍛える】為の【3つのトレーニング方法】

この記事の目次小指が苦手な人の為のトレーニング方法①小指を狙った超筋トレ参考動画TAB譜解説②マイナーコードで小指トレ―ニング参考動画TAB譜解説③地獄のハンマリング&プリング参考動画TAB譜解説最後 …

【必ず習得出来る】速弾きを習得する為の3つの簡単な手順

この記事で分かる事 → 速弾きを確実に習得する手順 この記事の目次速弾きを習得する為の3つの簡単な手順手順① 短いループフレーズを作る手順②意識を無意識へ昇華させる手順③テレビを見ながら弾き続ける最後 …