ギタートライアドコードとは?音楽理論を解説!簡単!種類

投稿日:

トライアドコードとは?

トライアドコード(triad chords)とは、三種類の音で構成されたコードの事を言います。

 

トライアドコードはハーモニーに関しての基礎となる構成になっていて理論や概念を知っておくことは重要です。

 

たま
たま
トライアドってなんか重要そうだにゃ!


今回はトライアドの種類や構成、実用性について解説していきます。

トライアドの種類

トライアドの種類は大きく4種類に分けることが出来ます。

・メジャートライアド
・マイナートライアド
・ディミニッシュトライアド
・オーギュメントトライアド

それぞれの種類はそれぞれの構成が定義づけられていてそれぞれに独特の響きがあります。

トライアドの構成

トライアドの表記

それでは構成音に関してですが、度数表記で表現されることが多く

 

1度、3度、5度

 

といったように●度と呼ばれます。これはメジャースケールのなかの構成音に順番を付けた際の音の番号を表していて

 

例えば
 

Cメジャースケールにおける3度とはを指し、5度とはを指します。

 

また、度数はローマ数字を用いて表記されることが多く、

 

POINT

Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅵ

ローマ数字と普通の数字わけないとテンション表記とかと混ざって大変だもんね
ぽち
ぽち


と表記されます。つまりCメジャースケールにおけるコードCのトライアドは

 

Ⅰ(ド) Ⅲ(ミ) Ⅴ(ソ)

となります。

種類ごとのトライアドの音

今回はルート音をCに限って解説致します。

Cメジャートライアド

Ⅰ(ド) Ⅲ(ミ) Ⅴ(ソ)

Cマイナートライアド

Ⅰ(ド) ♭Ⅲ(ミ♭) Ⅴ(ソ)

Cディミニッシュトライアド

Ⅰ(ド) ♭Ⅲ(ミ♭) ♭Ⅴ(ソ♭)

Cオーギュメントトライアド

Ⅰ(ド) Ⅲ(ミ) #Ⅴ(ソ#)

その他のトライアド

他にたくさん3種類の音の和音は存在します。例として

Cリディアントライアド

Ⅰ #Ⅳ Ⅴ

なんでこんな不協になりそうな音構成を使うのか疑問の方が多そうですが、SUS4と同じような使い方になります。※SUS4と音の構成は違います。

トライアドコードさえ覚えて置けば、幅広い応用や基礎的な音楽を構築する事が出来ます。

他にもスケールを勉強しているとたまに出てくる「モード」についてスケールとの違いなどを踏まえて解説していますのでご興味があれば参考にしてみて下さい。

関連記事

ギターで覚える音楽理論【養父貴著】レビュー

この記事の目次ギターで覚える音楽理論著者が第一線で活躍するギタリストジュンク堂等全国の書店で取り扱い内容のレビューPart1基礎的な知識Part2ダイアトニックコードPart3実践的なコード使用法Pa …

【楽譜を読もう】休符の読み方・コツ【簡単に読む方法】

この記事の目次休符の読み方のコツ音符を読むときのコツ・種類各休符の読み方全休符二分休符四分休符八分休符十六分休符実践的な読み方読み方の例①読み方の例②付点休符 休符の読み方のコツ 楽譜に記譜されている …

スケールとモードの違い【ギターで音楽理論】

この記事の目次スケールとモードの違いモードはスケールの1つの要素5つの親スケールとモード スケールとモードの違い スケールとモードの違いに関して楽典的に理解している人と実践的に理解している人とでは大き …

ほとんどの人が間違えている理論【キーは12個?本当は30個ある理由】ビクター•ウッテン

この記事の目次ほとんどの人が知らないキーの数ビクターウッテンとアンソニーウェリントン調はいくつあるか?キーは全部で12個キーは全部で24個モードとスケールはキーとは別ドリアンやフリジアンとかを入れたら …

1小節ってどれくらい?ギターで読む楽譜

この記事の目次1小節ってどのくらい?小節と拍子の関係拍子で分かる小節の大きさ4拍子の場合の1小節4拍子で使われる一般的なストローク8ビートで使えるストローク16ビートで使えるストローク3拍子の場合の1 …