メンテ関連

【弦は毎回緩める派?放っておく派?】

投稿日:2018年12月11日 更新日:

ギターの保管方法に関しての記事です。

弦は毎回緩めるべき?

ギター弦は毎回緩めるか、

そのままにしておくか?

ギターを初めて購入された方は、店員から

毎回緩めてくださいね!」と言われて

律儀に毎回練習後だるんだるんに

してる人がいるのではないでしょうか?

でもその内、

流石に手間で緩めなくなり

放っておくようになってしまった

が典型かなと思います。

また、うやむやになって結局正解が

何か分からないけど普通に弾けるし気にしない!

て人にとってはあまり意味のない

内容かも知れません。
まず結論から言いますと、臨機応変にです。

そりゃそうでしょうて感じもしますが、

どの様な場合に緩め、
どの様な場合に放っておいてもいいか
というのは

案外多くのプレーヤーが
気にしてない様な気がします。

弦を緩めるべきタイミング

そもそも製造された材質や形状や工程によって
その特徴大きく変わるギターは、

一概に何が正解とは括りづらく
楽器店やリペアマンも一般論で

より安パイな説明をする傾向が
ある様に感じます。

あまり弾かない人

長期間放置する場合ですと
ネックに一定の圧力がかかっていますので

緩めれば緩められる程いいかと思います。

ほとんど毎日弾く人

問題は、ほぼ毎日弾く!といった方の

保存方法ですが、保存状態のチェックと
ギターの特性によって考えるのが

ベストかと思います。
全ての状況を挙げて緩める緩めないを

想定するのは悪魔の証明になるので
私の体験上とリペアマンの方と

話をして良く想定されるケースだけ
いくつか書きます。

湿度・温度変化で緩める

湿度は50%の前後5%程度で
温度は25度前後が良いと言われていて

台風やスコールで急激に湿度が上がって
気温が下がる時や

外の演奏で外気にずっとあててるとき等は
ダメージが想定されます。

弦のゲージによって緩める

ギターは製作された段階で
張られるゲージがある程度想定されていますが、

想定度外視のやたら太いゲージの弦
張っている場合等も不可がかかります。

ギターが受ける張力の話は
ネックの反りについてで前述していますが、

弦のゲージに相乗して強くなります。

ギターの材質・塗装によって緩める

見落としがちなのが、
ギターの塗装やフィニッシュ方法です。

塗装は湿度や温度から
木材を守る効果もありますので

もちろん仕上げ方によって
保存方法に気を使った方が良いです。

結局どうしたらいいのか

結果としてやはり、
弦は臨機応変に緩めてあげるべきだと思います。

ただ、緩めるタイミングは
少し知識が必要な事も事実で

初心者には判断が難しいという難点があります。
そこで基準として、材質やゲージは特に気にはせず

温度と湿度が「一般的な保存環境から
大きく逸脱する場合に緩める」と

基準を設けるのが最適かもしれません。

-メンテ関連
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,