ウクレレ

ウクレレで弾ける簡単なジブリの曲ランキング!TOP5!

投稿日:

TOP5位!宮崎吾朗監督作品

どの映画? → 2006年公開『ゲド戦記』より

テルーの唄 / 手嶌葵


必要なコード数

7個

C Am F G Em E Dm

 

解説ポイント!

宮崎吾朗監督が指揮をとった事で話題になったのと同時に手嶌葵さんが認知されるきっかけになった曲。幻想的な雰囲気を残しつつもキャッチーな曲ですが、簡単なアレンジで弾く場合でもEが出てくるのが初心者にとっては壁になるが、それさえ無視するかどうにかしてしまえばあとは簡単なコードで気持ちよく弾くことが出来る。



TOP4位!海外でも話題の猫映画

どの映画? → 2002年公開『猫の恩返し』より

風になる / つじあやの


必要なコード数

7個

C Am  F G Em Dm D7

 

 

解説ポイント!

映画猫の恩返しより、つじあやのさんの「風になる」が5位!この曲は多くの楽譜でC、F、Am、Gなど基本的なコードでアレンジされている事が多く、特に難しくアレンジされていなければ、大体の場合はすらすら弾けるようになることが多い!基本的には8ビートの基本的なストロークか或いは、ジャラーンとコードが変わる毎に鳴らすだけでそらっぽく弾けるのも強み。アレンジによっては簡単なアレンジでもFmやdim系コードが出てくることがあるが、基本的に無視してもFで弾き続けても遜色がない使われ方をしているので初心者にはうってつけの曲と言える。初心者の人は間奏とイントロの完コピはとりあえずは止めましょう。おいしいところだけを弾いくのが吉。また7が付いているコードは7をお省いたコードを弾きましょう。

TOP3位!千と千尋の神隠しより

どの映画? → 2001年公開『千と千尋の神隠し』より

いつも何度でも / 木村弓


必要なコード数

6個

C Am  F G Em Dm

 

解説ポイント!

全世界的に爆発的ヒットを記録した千と千尋の神隠しのエンディング曲で使用された木村弓さんによる「いつも何度でも」が3位。原曲のテンポがゆっくりな為コードチェンジを急がなくてもそれっぽく弾けてしまう!コードは歌始まりがCから始まっているものを選ぼう。注意点としては曲が3拍子なので1,2,3と3拍で曲が進んでいく、その中でも3拍目だけのコードチェンジをする事が多いので最初は丁寧にコードに慣れるまでやってみよう。

TOP2位!名盤THE ROSEの日本語版

どの映画? → 1991年公開『おもひでぽろぽろ』より


必要なコード数

5個

C Am  F G Em

 

解説ポイント!

元々アメリカの映画『ROSE』で発表されたこの楽曲は、ジブリ映画として狸たちの繰り広げる群青劇映画に使用され、日本語版が話題になりました。add9が付くコードは全て無視してadd9を取り除いたコードで弾いてしまうことが出来る。歌入りがCから始まるバージョンで弾きましょう。使用コードも少なく、テンポもゆっくりなので練習にはうってつけの曲。

TOP1位!魔女の宅急便の劇中歌

どの映画? → 1989年公開『魔女の宅急便』より

ルージュの伝言 / 荒井由実


必要なコード数

4個

C Am  F G

 

 

解説ポイント!

荒井(松任谷由実)の曲はコードが難しい事が多いが、これもまた簡単バージョンでアレンジされているとかなり弾きやすいものを見つけることが出来る。ポイントとしてはイントロの一番最初のコードがCから始まっていたら簡単アレンジと認識して問題ない。途中で連発する分数コードは無視して分子の方だけを弾いてしまおう。G7とかもただのGを弾けばOK!8ビートのストロークが慣れてきたころに、2拍目と4拍目にアクセントをしっかりつけて弾いてあげると最高のグルーヴを感じながら弾くことが出来る随一にノリのいい曲。

おまけ!往年の名曲

どの映画? → 1995年公開『耳をすませば』より

カントリーロード / 本名陽子

Take Me Home, Country Roads / John Denver


必要なコード

4個

C Am  F G

 

解説ポイント!

耳を澄ませばで使用されたこの曲。原曲はJohn Denverによるもので調べるとコードも難しいように感じるかもしれませんが意外と上記の4つのコードを駆使すれば最後まで弾ききることが出来る。問題は簡単なアレンジにたどり着けるかの一点に尽きる。

-ウクレレ
-, , , , , , , , , , ,