一般音楽

【チューナーの…439Hz、440Hz、441Hz…って何?】

投稿日:2019年1月25日 更新日:

 

Hzとは、、、

ヘルツ(周波数)の事で、

この数字が高いほど音程も高くなります。

一秒間に何回周期的変化が

繰り返されるかを示す単位。

(デジタル大辞泉参照)

はじめに

チューニングしている時、チューナーによっては

440,441,,,

とか表示されていますよね。

あれってなんの事か分からない人のために

疑問を解消したいと思います。

 

チューニングの基準値440hz

重さや長さと同じで音にも

基準値とその共通単位があります。

それがHzであり、

ピアノで言うところの真ん中のA3

(場合によってはA4だったりA5だったりするらしい)

ISOの定める440Hz

音にあたる音程を音階の基準値として

「みなさん440Hzにしましょうね」と

国際標準化機構(ISO)が決めています。

そういった基準としてチューナーには

440Hzとその前後付近を調整できる機能が付いているものがあります。

しかしながら440Hzと441Hzはパっと聴いた感じ

あまり変化が分からないことから

安いチューナーなどは440Hzのみの物が売られている。

ただ、アンサンブルで合わせた時は

440Hzと441Hzの違いは結構分かる。

おススメ記事

-一般音楽
-, , , , , , , , , , , , , ,