【ビクター・ウッテン TED:言語としての音楽(3/6)★翻訳付】

投稿日:2019年6月17日 更新日:

 

その3

 

 

Music as a Language: Victor Wooten at TEDxGabriolaIsland

 

 

 


 

 

 

By the time I had the instrument in my hands, I was already very musical.When I would turn about three years old, Reggie took two strings off of one of his six-string guitars.He took the two high strings off, and that became my first real instrument.So Reggie actually started teaching me to put my finger in certain places to produce notes to songs I already knew.I wasn't starting from the beginning.I was musical first.Now, I just had to put that music through an instrument.And looking back on it now, I realize that's how I learned to talk.It wasn't about learning the instrument first.Who cares about the instrument you talk with?It's about what you have to say.I've always musically maintained my own voice.I've always had something to say.And I've learned how to speak through my instrument.

 

楽器が手元にあった時には既に、

私はとても音楽的でした。

3歳になる頃には、

レジーは6弦あるギターのうち2つの高音弦をはずし

それが私の初めての楽器になった。

レギーは私が知っている曲の音が

どこをならせばなるのかを教えてくれた。

私は決しして初心者ではなかった。

私は既にとても音楽的だったので、

あとはその音楽性を楽器に通すだけでした。

思い返すと、

それは私が言葉を習ったのと全く同じでした。

初めに習ったのは楽器ではなかったのです。

喋る時の道具を気にかける人なんているでしょうか。

話す内容が全てです。

私は自分の音楽的個性を

音楽的に常に維持してきました。

常に話す内容がありました。

私は楽器を通して会話をする事を学んだのです。

 

 

So if we think about a couple of things not being forced to practice, not being told what you have to say - I'm speaking English again - not being told what you have to say.When the teacher teaches you a new word in English, she has you put it into a sentence; in the context, right away.A music teacher will tell you to go practice it.Practicing works but it's a slower process than putting it into context.And we know that with English.And so this was the way I learned.As I grew older, about five years old, we were actually on tour; the five of us.We were fortunate enough to be able to tour opening for a great soul singer named Curtis Mayfield.So if I was five years old, my oldest brother was only 13.But when I think about it, we could speak good English at that age.Why not music?

 

私たちが練習を強制させられないような事を

いくつか思い起こしてみると

英語を例にすると、

先生が先生が新しい言葉を教えるとすると

先生はすぐにその言葉を内容を

伴った文章を使って教えます。

音楽の先生はただ練習しなさいと言います。

ただの練習は確かに効果はありますが、

実践的になるまでにはなるまでには

ちょっと時間がかかります。

私達はそれを既に

「言語」でも知っているはずです。

私は5歳になるころにはすでに5人で

ツアーに出ていました。

幸運にも素晴らしいソウルシンガーである

カーチス・メイフィールドの

オープニングで演奏させて頂いてました。

私が5歳だったので一番上の兄は13歳でした。

その頃を考えると

既に私たちはその年頃で立派に言語を

しゃべれたのですから、

音楽も同じではないでしょうか?

 

So I've always, since then, approached music just like a language, because I learned it at the same time and in the same way.The best part of it all is I've maintained something that little children are born with.And that's freedom.A lot of us are talked out of our musical freedom, when we are first given a lesson.Because we go to a teacher, and the teacher rarely ever finds out why we came in the first place.A lot of times, that kid playing that air guitar where there's no right or wrong, it's not about the right or wrong notes, it's not about the instrument.They're playing because it feels right.It's the same way and reason that you sing in the shower.Or when you're driving to work; you're singing.You're not singing because it's the right notes or you know the right scales, you're singing because it feels good.

 

私は常に音楽を言語の様に追求してきました。

何故なら何故なら言語と一緒に発展させ、

同じ様に習ってきたからです。

これの一番良かったところは

やはり全ての子供が等しく持ち合わせている事、

それは「自由」です。

私はずっとこれを維持してこれました。

私はちは音楽的に自由です。

正解も不正解もないエアーギターを

かき鳴らしてる子に

音楽の先生はその子が何をしに教室にきたのかを

ほとんどの場合見つけ出す事が出来ません。

音が合っているとか間違っているという事は

問題ではなくて、

楽器なんです。

それを弾いているのは

それにはまっているからなんです。

歌も同じです。

音が合ってるから歌うとかじゃなくて

それがばっちりはまっていて

いい気持ちだから歌うんです。

 

 

I spoke to a lady at breakfast who said, "I'm Ella Fitzgerald when I'm in the shower!"(Laughter) And of course she's right!So why does that change when someone outside starts to listen?That freedom becomes lost as we grow and as we learn, and we need to find a way to keep that freedom.And it can be done!It's not gone forever.A kid playing air guitar will play with a smile on their face.them the first lesson, the smile goes away.
A lot of times you have to work for your whole musical life to get that smile back.As teachers, we can keep that smile, if we approach it the right way.And I say approach it like a language; allow the student to keep the freedom.

 

朝食食べてる婦人が

「私はシャワーを浴びている時は

エラ・フィッツジェラルドなの!」

と言ってました。

当然、彼女は間違っていません。

ではどうして他の人がそれを聴いたら

違うというのでしょう?

その自由は成長とともに失われて行きます。

そして私たちはその自由を持ち続ける方法を

探さなければなりません。

そしてそれは可能なのです。

永遠に失われたりはしません。

エアギターをかき鳴らす少年は

レッスンを一回受けると笑顔が消えてしまいます。

ほとんどの場合その笑顔を取り戻す為に

とても音楽的に成長しなければなりません。

先生として、私たちはその笑顔を消えない様に

することが出来ます。

それはちゃんとした手順を踏む事で可能なのです。

その手順とは言語として音楽を教えることなのです。

生徒に自由を与え続けるのです。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

-, , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

【トミーエマニュエル:最高のインタビュー(3/4)★翻訳付き】

トミーエマニュエルがギターの習い方(3/4)★翻訳付き   その3   Tommy Emmanuel – The Best Interview(wywaid dla INFOMUSIC) 以下 Q:質 …

【トミーエマニュエル:最高のインタビュー(1/4)★翻訳付き】

    Tommy Emmanuel(1955~)   間違いなく今世紀最強の アコースティックギタープレーヤー   オーストラリア出身の フィンガーピッキングのレジェンド。   トミーエマニュエルが …

【ヌーノ・ベッテンコートの教えるギター上達法★翻訳付き】

EXTREMEのギタリストとしてその名を広く知られ、 テクニカルでキャッチーなプレイスタイルで 世代を問わず根強い人気を誇るヌーノですが、 その強面な容姿からは想像もつかない程に ファン想いで、 気さ …

【John Mayer FENDER BLACK1】

あの黒くてレリックばりばりのストラトが有名なJohn mayer。John Mayerのシグネチャーモデルとしても販売されているBLACK1。 それについて話している動画がありました。短い動画でしたが …

【ビクター・ウッテン TED:言語としての音楽(5/6)★翻訳付】

その5   Music as a Language: Victor Wooten at TEDxGabriolaIsland Music is my lifestyle.And now as I’m …