CAGED(ケージ)システムの簡単な練習のやり方【ギター】フレーズ

投稿日:

CAGEDシステムのやり方

CAGEDシステムが分からないという人はまず下記のリンクからご覧ください。

CHECK! ⇒⇒⇒

参考:CAGEDシステムってなに?

今回はCAGEDシステムを使った練習のフレーズをご紹介します。CAGEDシステムを使用する事でソロやアドリブに応用できる技になりますので、チャレンジしてみて下さい。

CAGEDシステム練習フレーズ

たま
たま
CAGEDシステムむずかしいにゃ…

そんなことないよ!ゆっくり覚えていけば簡単!
ぽち
ぽち


まずはゆっくりとスウィープの様に下降の時はダウンストロークのみでチャレンジしましょう。

また、pはプリングhはハンマリング、sはスライドになりますので分からない方は下記に参考リンクを貼っておきます。

参考:プリングのやり方
参考:ハンマリングのやり方

また、慣れてきたらオルタネートで練習をしてみましょう。ゆっくりとやりながら、コードの形を意識する事を忘れないようにしましょう。

CAGEDシステムの応用

CAGEDシステムはコードをなぞっている様な形になりますので、結局トライアド構成になっています。

 

今回ご紹介した練習フレーズは要所にトライアド以外の音が入っていたりします。こういった感じでコードに対してどの音がテンションになるのかを意識しながら弾いてみたりすると様々な応用に活かすことが出来ます。

 

また、CAGEDシステムと合わせてシーケンスフレーズ等を組み込むと更に発展させることが出来ます。

 

シーケンスに関して更に知りたい方は下記のリンクより練習フレーズがありますので参考にしてみて下さい。

 

-, ,

 

関連記事

 



管理人の「パグ」です。

ギターを通して音楽と関連付けた情報を発信しています。日々変わる情報や流行を模索します。