ギターで一番簡単なコード【なにも押さえない】

投稿日:2020年4月5日 更新日:

ギターのスタンダードチューニングにおける世界で一番押さえるのが簡単なコードをご紹介致します。

押さえ方がこちら

なにも押さえなくてもいい!

コードダイアグラムの見方はこちらから

なんでこんなに簡単なの?

何も押さえなくていいコードでありながらコードは意外にもシンプル。Emだけでも十分簡単ですが、

本来押さえるべき2箇所を取り除いた形がこのEm7(11)コードになります。

音の配置/構成音

このコードの呼び方は

Em7⁽11⁾

イーマイナーセブンスイレブンス

音の並びは以下の様になっています。

度数
1 E
2 B
3 G ♭Ⅲ
4 D
5 A 11th
6 E

EをⅠと考えると上記の様な並びになります。♭Ⅲと11thが混在しているので少し怪しい感じの音になりますが、オクターブ離れているのでテンションとして認識します。

どんな時に使えるの?

こんな時に使える!

マイナーコード+テンションの11thになりますので、メジャーキーのダイアトニックの想定としてはⅡm、Ⅲm、Ⅵmで使うことが出来ます。

Ⅱmのとき

Dメジャーキーの時。調号の♯が2つの時

Ⅲmのとき

Cメジャーキーの時。調号の♯が0個の時

Ⅵmのとき

Gメジャーキーの時。調号の♯が1つの時

こんな時は使えない!

基本的には結構使い勝手がいいEm7⁽11⁾のコードですが、一方でテンションコードの宿命ともいうべき構成音が多い為に、音が半音で重なると不協和音が目立つといった欠点があります。メロディーラインなどでアヴォイドノートの音が長く重なる場面は避けた方がいいと言えます。

他にも色々なコードを簡単に弾く事が出来る

今回ご紹介したのは何も押さえなくても弾けるコードでした。他にも様々な表記方法がありますが、あえてEをⅠとして分かりやすい方法でご紹介しています。音の順番を変える事で様々な和音構成を作ることをヴォイシングと呼びます。

他にも様々なコードを同様に簡単に弾く事が出来るので参考のリンクを貼っておきます。

参考:ギターコード【F】の超簡単な押さえ方

参考:ギターコード【F#m】の超簡単な押さえ方

参考:ギターコード【Bm】の超簡単な押さえ方。

-

関連記事

バレーコードとは?セーハコードとは?【攻略方法】コツとやり方

この記事の目次バレーコードとは?セーハコードとは?【攻略方法】コツとやり方バレーコードとセーハコードの意味は同じバレーコードとは?バレーコードが何故難しいの?バレーコードの具体例①F系バレーコードの具 …

ギター【メジャーセブンスコード】の色々な押さえ方

この記事の目次メジャーコードの色々な押さえ方メジャーセブンス6弦ルートメジャーセブンス5弦ルートメジャーセブンス4弦ルートずらすだけでどんなコードにもなるずらすときの注意点メジャーセブンスコードの表記 …

ギターでセーハ・バレーがどうしても出来ない時の対処法

この記事の目次セーハとバレーは同じ練習方法を変えるその練習方法間違ってない?Fタイプの人差し指セーハ・バレーBタイプの薬指/小指セーハ・バレー代わりのコードを使う自分のコードタイプを探してやってみよう …

【アコギ】分かりやすいギター弦交換のやり方【4つの手順】

この記事の目次弦交換のやり方:4つの手順弦交換手順①準備弦交換手順②ギターから古い弦をはずす弦を緩めるピンを抜く弦を切ってはずす弦は可燃ゴミ 弦交換 手順③指板の洗浄・保護指板やサウンドホール周りを乾 …

アルペジオのコツ【ギター】練習の効率的なやり方【カラー弦】

この記事の目次アルペジオのコツカラー弦で簡単にマスター!カラー弦で練習するメリットカラー弦で弾いてみたパターン①パターン②スリーフィンガーカラー弦のおすすめ アルペジオのコツ アルペジオとは和音をバラ …