ツーファイブとは?ジャズでよく使われるあのオシャレな進行は一体何?超簡単に解説

投稿日:2021年2月23日 更新日:

ツーファイブとは

ツーファイブとは調の中からⅡm7のコードとⅤ7のコードが並んでいる事を総じて呼びます。ツーファイブには今回ご紹介するメジャーツーファイブの他にマイナーツーファイブもあります。このコード進行は独特のコード感を発生させ、ジャズで頻繁に使用されます。

ぽち
ぽち
まとめるとツーファイブとはⅡm7のコードからⅤ7のコードに行くコード進行の事

「Ⅱm7のコード」やコードについて分からない人は下のリンクを参考にどうぞ

ツーファイブ一覧

Ⅱm7(ツー)Ⅴ7(ファイブ)
Cm7G7
D♭m7(C#m7)A♭7(G#7)
Dm7A7
E♭m7(D#m7)B♭7(A#7)
Em7B7
Fm7C7
G♭m7(F#m7)D♭7(C#7)
Gm7D7
A♭m7(G#m7)E♭7(D#7)
Am7E7
B♭m7(A#m7)F♭7(E#7)
Bm7F7

ツーファイブの例

下の図の楽曲のEm7-A7の流れをご覧ください。

Dの調のメジャーダイアトニックコードのⅡm7であるEm7からⅤであるA7に進行しているのが分かると思います。A7の後にはD△7に解決していて綺麗なツーファイブの流れを作っています。

 

関連記事

 



管理人の「パグ」です。

ギターを通して音楽と関連付けた情報を発信しています。日々変わる情報や流行を模索します。