マイナーツーファイブとは?超簡単に解説!コード一覧表

投稿日:

マイナーツーファイブとは

マイナーツーファイブとはマイナー調の中からⅡm7⁽♭5⁾のコードとⅤ7⁽♭9⁾のコードが並んでいる事を総じて呼びます。ツーファイブには今回ご紹介するマイナーツーファイブの他にメジャーツーファイブもあります。このコード進行は独特のコード感を発生させ、ジャズで頻繁に使用されます。

マイナーツーファイブ

Ⅱm7⁽♭5⁾(ツー)Ⅴ7(ファイブ)
Cm7⁽♭5⁾G7⁽♭9⁾
D♭m7⁽♭5⁾《C#m7⁽♭5⁾》A♭7⁽♭9⁾《G#7⁽♭9⁾》
Dm7⁽♭5⁾A7⁽♭9⁾
E♭m7⁽♭5⁾《D#m7⁽♭5⁾》B♭7⁽♭9⁾《A#7⁽♭9⁾》
Em7⁽♭5⁾B7⁽♭9⁾
Fm7⁽♭5⁾C7⁽♭9⁾
G♭m7⁽♭5⁾《F#m7⁽♭5⁾》D♭7⁽♭9⁾《C#7⁽♭9⁾》
Gm7⁽♭5⁾D7⁽♭9⁾
A♭m7⁽♭5⁾《G#m7⁽♭5⁾》E♭7⁽♭9⁾《D#7⁽♭9⁾》
Am7⁽♭5⁾E7⁽♭9⁾
B♭m7⁽♭5⁾《A#m7⁽♭5⁾》F♭7⁽♭9⁾《E#7⁽♭9⁾》
Bm7⁽♭5⁾F7⁽♭9⁾

マイナーツーファイブの例

実際に楽譜の中でマイナーツーファイブが出てくる箇所を抜粋致します。

Gマイナーの調のマイナーダイアトニックコードのツーファイブで次のGm7に解決しているのが分かると思います。このようにメジャーのツーファイブと似ていますが、♭5や♭9などが付くのがマイナーツーファイブです。マイナーのツーファイブとメジャーのツーファイブはアベイラブルスケールが変わってきますので気を付ける必要があります。

 

関連記事

 



管理人の「パグ」です。

ギターを通して音楽と関連付けた情報を発信しています。日々変わる情報や流行を模索します。